映画「メッセージ(原題:Arrival)」を観ました(ネタバレ無し)

映画「メッセージ(原題:Arrival)」を観てきました。

ネタバレしないように、感想を書きます。

この映画「メッセージ」は予告を観て、絶対に観ようと決めていた映画です。

映画『メッセージ』 | オフィシャルサイト

カンが当たりました。

とても良い映画でした。

観てよかったです。

観ようか迷っている人に少しだけ情報を。

・宇宙船と宇宙人が出てくるけど、宇宙戦争みたいな映画ではありません。

・ドキドキするシーンもあるけど、とてもあたたかい映画です。

・終盤にいろいろな事が繋がってきます。

・退屈で眠くなる人もいるみたいです。(映画評より)

そんなに泣くような映画ではないと思うんだけど、僕は後半泣きっぱなしになっちゃった。

きっと僕の心が弱っているのもあるんだと思う。

でも、その涙は心地よい涙だったと感じている。

以降は、この映画を観た後に僕が考えたことです。

この映画のテーマは「時間」と「対話」だと思った。

人はみんな、「未来」を不安に感じたり、「未来」が見えなくて絶望したりもする。

でも、本当は「ある程度の未来」は誰にも見えるのではないだろうか。

その「ある程度の未来」さえも全然見えないと思っていたり、ただただ「未来」を不安がっているような時って、「未来を見るのが怖いから『見ないようにしているだけ』なのじゃないだろうか」

なりたい自分がいて、こうありたいという自分がいて、自分がそうあるには、今、何を考えて、どう行動すれば良いのか。

それを見ようとすれば、本当はちゃんと見られるはずなのに、家族や友人や会社の上司や同僚や近所の人や世間や社会に、気をつかったり、邪魔されたり、騙されたりして、見えないと思ったり、本気で見ようとしていない、それだけのことなんじゃないかな?

「きっと自分にとって大切なものは自分がちゃんと知っているんだ」

そんなことを考えました。

「えー、この映画観て、そんなこと思わないよぉ」と言われちゃうかも知れないけど、僕が考えたのはそんなことでした。

人によって、感じたり、考えたりするポイントが変わるんじゃないかな。

それくらい、奥が深くて、懐が深い、良い映画だなぁ、って思いました。

僕が一番好きな映画「フィールド・オブ・ドリームス」と同じように、今後、何回も見直す映画になると思います。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね