携帯電話が鳴らない日々

僕が初めて携帯電話をもってから、かなりの年月が経ちます。

僕は当時から何となく携帯電話が好きになれなくて、できれば持ちたくないと思っていました。
でも、仕事の連絡や友達との連絡に携帯がないと不便なことが多くなって、やむを得ず購入を決めたのでした。

あれから約15年。
僕の携帯は形や機種を変えながらもずっと鳴り続けていました。

この1カ月くらい、僕の携帯(スマホ)は、ほとんど鳴っていません。

休職してすぐは、会社から問い合わせの電話がよくかかってきましたが、それもかかってこなくなりました。
友達からの電話やメールもこなくなりました。友達には休職を伝えていて、落ち着いたらこちらから連絡すると言ってあるので、放っておいてくれています。

目覚ましや備忘のために、携帯やスマホのアラーム機能をよく使っていたのだけど、今は使う必要がないので、全く使わなくなりました。

今携帯が鳴るのは、1日1回、妻からの帰るメールの時だけです。

仕事を終えて家にいるのに、夜中まであちこちからひっきりなしに電話がかかってきていた時期がありました。
今から考えるとウソのようです。
もうあんな生活には戻りたくないです。

携帯電話が鳴らない日々。

こういう日々の方がとても平和でとても豊かだと思えます。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 夜中まで着信があったんですか
    しかも年休残も結構あるようだし
    かなり苦労されていたんですね

    • 正吉 より:

      消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます。
      そうなんです。
      40歳を過ぎてからは、夜中に起こされるとそこから眠れなくなってしまうことが多かったです。
      有給休暇は毎年使い切ることができず消えていたので、今回初めて全て消化できそうです。(^^;)

  2. パルタ7 より:

    こんばんは。

    これまで携帯電話に追い回されていたのですね。お疲れ様でした。私も現職時代は常時ケータイをオンにしていましたが、退職後は人との付き合いも殆どなくなりましたので、ケータイがまる一日鳴らない日も増えてきました。最近では、夜は勿論、昼間でも殆どオフにしています。ケータイに追い回されるなんて馬鹿げていますよね。依存症の人の神経が理解出来ません。

    • 正吉 より:

      パルタ7さん、コメントありがとうございます。
      ケータイをオフにできるのは良いですね。僕ももうすぐかも・・。

  3. アルアラリ より:

    私も担当部署が多忙な時期はケータイに追い回されてました。今はLINE、会社の部署でLINE登録させられてまして休みの日にちょこちょこ来るのが煩わしいです。返信は一切しませんし放っておいて欲しいものです。以前、年配の顧客がケータイが普及して仕事現場が堕落・怠け者になったと言われてました。ケータイがあるので段取り、準備を怠る為に短納期になり客がワガママになったと嘆いてられました。私も40代でしてケータイ、パソコンの普及の狭間で生きてきまして同じ意見です。私が1番嫌いなのが社内、特に課内のメールです。目の前に座ってるのにメールを送って来るのが大嫌いです。留守にしてる訳でも無いのに言葉で伝えられないのか?だからアホみたいにメールが増え読むだけで時間掛かり疲れます。メール送ったから読んでない又は理解してない貴方が悪いのよ的でクソです。社内も世知辛いものですね。私は出来る限り言葉で伝えたいものです。

    • 正吉 より:

      アルアラリさん、コメントありがとうございます。
      「メール送ったから承知してるでしょ」という感じの人は多いですね。
      そういう仕事の進め方が定着してしまうとメールを読むのが仕事になってしまって皆で無言でメールばかり読んでて「何じゃこりゃ?」な状態になってしまうので、困りますね。