ブログ最終回? いえいえ,うまく書けなかっただけなんです

「あれ?最終回ですか?」というメールをいただきました。(^^;)
ご心配をおかけしてスミマセン。

確かに前回の記事を読むと、「もうすぐブログをやめます」みたいな雰囲気がありますね。
更新を1週間も休んじゃったし。(^^;)

でも、まだまだ続けますよ~。
うまく書けそうにないけど、書きたいこと、たくさんあるんです。(^^)

書きたいことの一つ目。

10月は長男くんが学校に行けなくなって、家族がバタバタしました。

でね。

このとき、「高校をやめるか?」なんて話になったんですね。
「生死」なんていう話題も出ました。

「そんな最悪の事態になるくらい大きな問題を抱えているなら、高校なんてやめちゃっていいよ」と僕は言いました。
「生きる道なんていくらでもあるよ」とも言いました。

でもね。

長男くんは「高校をやめる気はない」と言ったんです。
そしたら、少し「ホッとした自分」がいたんです。

このとき「アレ?」と思ったんです。

この3年間、

「もうこのままでは自分がダメになってしまう」
「会社に自分が殺されてしまう」
「自由になるために会社を辞めよう」

そして、会社を辞めてみたら、

「会社を辞めてもなんとか生きていける」
「ダメなら逃げちゃえばいい」
「人生どうでにでもなる」
「自分のやりたいようにやるのが良い」

僕はこのブログで、ずっとこんな感じのことを書いてきました。

でも、長男くんには、

(辞めてどうするんだ?)
(高校を辞めないで欲しい)
(皆と同じ道を歩いて欲しい)
(逃げないで欲しい)

と、どこかで思っていたのです。

矛盾しているんです

どうして、矛盾してしまうかを考えると、僕の中の「軸」がブレているからだと気づきました。
ちゃんと考えているようで、ちゃんとした「答え」を出せていない。

もう一つ。

「高校卒業して大学行けば楽しそうだけど、就職したら毎日がツラくなるでしょ」と言われました。
長男くんは、社会人になることに何の希望も持っていないようでした。

子供に「自分の将来は暗い」と言われたら、どうアドバイスしますか?

この記事に書いた、子供たちに伝えるための「僕なりの答え」を見つけたかったです。

そして、「僕なりの答え」を出すということは、「自分のこれからの生き方」を考えることなんだな、と気づきました。

ちょっとカッコつけた表現になってしまうけど、

「どういう生き方を選ぶのか」
「何を目指して働くのか」
「どんなライフワークを探求するのか」
「どんなふうに社会と関わっていくのか」

そんなことをちゃんと考えないと、説得力のある「答え」は見つけられないんだな、と感じました。

10月はいろんな本を読みました。
たくさんの本を読んで、知ったこと、考えたこと、わかったこと、についても これから書いていければいいな、と思っています。

今日はこんなところで。
おやすみなさい。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね