ジェットコースターに乗っているような1年だった

妻が仕事を辞めてから、夕方の愛犬くんとの散歩に一緒に行くようになった。

家に一緒にいても、会話をすることはあんまり無いけど、この散歩のときにいろいろ話すことが多い。

もうすぐ2018年も終わるなぁと思ったので、何となく「今年はどんな1年だった?」と妻に聞いてみた。

妻は「何だかジェットコースターに乗ってるような1年だったよ」と答えた。

うーん、確かに。

今年は、長男くんの不登校の続きから始まった。

昨年の秋から高校に行かなくなった長男くんは、年が明けても学校に行くことはなかった。

(もう高校卒業は無理かなー)と思っていたときに、急に「センター試験は受ける」と言い始め、そこから学校に戻り、何とか卒業までこぎつけた。

そして、大学にも受かり、4月からは独り暮らしの準備、引越しの準備、引越し、大学入学、独り暮らしの始まり、、

家族全体が、ズーンと落ち込んでいたボトムの状態から、トップの状態まで上り詰めて、春が終わった。

夏になり、長男くんも次男くんも遊び回り、僕は比較的ちゃんと(?)自営の仕事をするようになった。

しかし、、、

秋になって、また事件が起きた。

そして、家族はまたズーンと落ち込んでしまった。

この1年は、ボトムからトップ、トップからボトムの上下差にやられてしまった感が確かにある。

僕の感情も大きく動いた年だった。

妻の感情も、きっと同じく大きく動いて疲れてしまったんだろうな。

でも、とりあえず、家族4人は健康だ。

いろんなことが大きく動いた年だったけど、プラスマイナスゼロで、まぁまぁ良い年だったんじゃないかなと思うことにする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね