愛犬の散歩と朝の余裕

朝、愛犬と散歩をするのは僕の役割です。
柴犬を飼うと決めたときに家族と約束しました。

彼は柴犬のクセにいつも家の中にいます。
雪の降る寒い冬の夜に家の中に入れてあげたら、それ以来、外では寝ない犬になっていました。

彼は潔癖(?)で、家の中や家の周りでは用を足しません。
家から離れた「快適ポイント」のような所がいくつかあって、そこでしか用を足さないのです。
家が汚れないのでとても良いことのように思えますが、裏を返せば毎日散歩に行かなければならないということです。

雨の日も、風の日も、雪の日も、真夏でも、真冬でも。

夕方の散歩はスルーすることが可能です。
雨の夕方は、彼も散歩に行きたがりません。
でも、朝の散歩に行かないことはまずありません。(行かないのは大雨の時くらい)

なので、毎朝、彼と散歩します。

会社に行く日の朝は時間が無いこともあって、道草大好きの彼をグイグイ引っ張って、無理やり散歩を終わらせていました。
会社での仕事の段取りを考えながら、ユウウツな気持ちで歩くことが多かったです。

今は、思いわずらいながら歩くことはありません。

季節の変化を感じながら、余裕をもって散歩ができます。

「今日はコッチの道に行きたいんだ」という彼の自己主張を受け入れることも出来るようになりました。

一日の始まりに余裕ができて、豊かな気持ちで過ごせる日が増えたような気がします。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ワンちゃんにとっても、幸せな変化ですね。

    犬や猫は飼い主の感情にとても敏感なように思うので

    • 正吉 より:

      いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます。
      彼も喜んでいると思います。散歩の時間だけでも倍くらいに増えているので。(^^)
      僕の変化も感じ取っているんでしょうね、きっと。

  2. 私は猫好きですが、犬なら柴犬がいいなあ、特に黒い柴犬が好きです。
    ただ、やはり散歩は大変そうですね。。。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      猫も好きです。実家にはずっと猫がいます。
      猫は勝手に散歩してくれるからいいですね。(^^)