検索ワードのトップは「管理職になりたくない」

今日、アクセス解析を見たら、このブログの検索ワード トップは「管理職になりたくない」という言葉でした。

(そっかぁ、検索ワードのトップは「会社を辞めたい」でも「自由になりたい」でも、ないんだなぁ)と思いながら「管理職になりたくない」でググってみたら、1番に僕のブログが出てきて、ビックリうれしかったです。(2014/4/6現在)

参考までに、2位の記事を見てみると 『「管理職になりたくない人」激増中!それでも昇進したら、どうしますか?』 という記事でした。

「ん?」と思ったので食いついてみます。

「管理職は確かに大変だけれど、対価として得られることがある」

それが下記の引用部分です。

 管理職に求められる4つの役割はポータブルスキルと呼ばれる業界にこだわらない汎用的なものです。管理職として活躍することは内部だけでなく、外部における市場価値が高まることを意味します。
 つまり、イマドキの管理職として活躍できると言うことは、会社の経営陣として役割を担えるチケットを入手したともいえるのではないでしょうか?つまり、管理職の役割は昔より大変でやることが多くなった分だけ、少々大変ですが・・・その分、得られる対価(キャリア)は大きなものがあるのです。

 
読んでみて、いかがでしょうか?

得られるのは、市場価値。つまり、どこに行ってもやっていけますよ、ということなんでしょう。会社に残ってもいいし、転職しても大丈夫、と言っているように思えます。

「そうか、そうだったのか、よし、がんばるぞ」と思える人もいるのかもしれません。

でも、僕には全く響いてきません。得られる対価(管理職のメリット)は、僕にとっては まるで魅力が無いです。

週間ダイヤモンドや、DIAMOND ONLINEの記事は、自分とベクトルが合ってると思っていたんだけどな。

こんな偏屈なブログを書き続けているから、僕が変な方向に進んでいるのかな?

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 私にもまるで響かないです
    管理職も平社員も所詮は労働者
    労働者は転職してもキャリアを積んでも
    やっぱり労働者なんですよね

    • 正吉 より:

      消費しないピノキオさん
      キャリアを積んで、人の管理が上手になって、得られるメリットって給与が高くなる以外に何があるのでしょうね。

  2. atari より:

    初めてコメントさせていただきます。
    私も「会社を辞めたい」30代後半のオッサンです。
    そして「管理職」です。
    私は事あるごとに上司から「お前は管理職だろ」と言われますが、さらに事あるごとに「お前には何の権限もない」と言われます。
    まさに、肩書きだけ与えられて何の権限もなくただ責任だけ取らされる状態です。
    そんなモンに「市場価値」があるとは思えませんが(責任押し付ける良い身代わりとしての価値はあるかも・・・)。
    キャリアなんて言うよくわからん物より、尋常じゃなく増えた仕事量と同じくらい給料を増やせと言いたいです(笑)

    • 正吉 より:

      atariさま
      初コメントありがとうございます。
      「責任を重くするなら金をくれ」ですよね。組合員でなくなれば給与は上がりますが・・。
      「何の権限もない」ってヒドイですね。きっとその上司も同じような事を言われてきたのでしょうね。
      生の声、ありがとうございました。

  3. MUDMAN より:

    40代後半のおやじです
    毎日、出世したらどうしょうとびくびくしながら
    生きていますw
    できることなら平社員に戻りたい。

    • 正吉 より:

      MUDMANさん
      >出世したらどうしよう
      同じ思いです。給与以外に出世するメリットが感じられないです。お金がかからない生活にすれば、出世する理由なんてなくなるかな、と。