6年前に僕が書いていた文章を見つけた(その2)

僕がまだ会社を辞める前に創作した文章を見つけたので、載せてみます。

前回からの続きです。

たいして好きな仕事ではなかったが、仕事をしていれば、
それなりに大変なことが毎日あって、
それをこなすことで忙しく時は過ぎていった。

私の属していた部署は同年代が多かったので、空いているポストは少なく、
結局、定年まで課長止まりであったが、部下には慕われていたと思う。
ただ、押し出しは弱かったので、あまり尊敬はされていなかったかもしれない。

何かを残せるタイプの仕事ではなかったが、良い製品を作って、
顧客に迷惑をかけないように仕事を進めてきた。
それが私の小さな誇りでもあった。

(早く引退して楽になりたい)
40歳を過ぎた頃から、そんなことをよく考えるようになった。

仕事でイヤなことがあると、
(あと少し、あと少しで引退だ)
と自分を奮い立たせてきた。

そんな私だったので、定年後に働くことは全く考えていなかった。
妻も「40年も働いたんだから、もう休みなさいよ」と言ってくれた。
でも、管理職になるのが遅れた私の退職金は少なく、豊かな老後とは言えない状態だった。

退職して、私の体は「楽」になった。

40年間通った工場に行かなくてもよくなった。
関連会社や顧客先に出張することもなくなった。
朝、いつまで寝ていても、起こされることもなくなった。

しかし、私の精神は「楽」になったのだろうか。

朝起きて、妻と食事をして、新聞を読むと、何もすることがなくなっている。

昼食をどこかに食べに行くとか、
映画館の上映予定を見てみるとか、
旅行の計画を練ってみるとか、
楽しそうなことはたくさんある。

しかし、老後の生活を考えると、年金以外に収入の無くなった私には
気軽に自由に使えるお金は少ない。

結婚して子供が産まれてから、ずっと自由になるお金が無くて、
きゅうくつな思いをしていたような気がする。

いつも楽しみにお金を使うことに躊躇する自分がいるのだ。

そんな生活がこれから死ぬまで続くのだろう。

今のこの生活は、私を「楽」にしているのだろうか?

自分の定年後を想像して創作した文章は、ここで終わっています。
忙しくなって、途中で書くのをやめてしまったと記憶しています。

僕がこの文章を書いた理由は、
結局、自分が死ぬ時まで、ずっとお金や未来の心配をしている。そんな人生で良いのか?それで幸せなのか?
ということを、42歳の自分に問いたかったからだと思います。

「心を病んで会社を休んだけど、復帰して元気になった。会社員の仕事も悪くないな。」
「でも、このまま定年までいろんなことを我慢していく人生で、本当に良いのか?」
こんな想いをずっと抱え続けていたのです。

この文章を書いた3年後に、このブログは始まりました。

最初の記事はコレです。「はじめまして」

  
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね