自分の大切な人のために、自分の時間を使える幸せ

朝起きて、長男くんを学校までクルマで送る。
長男くんは部活で足を痛め、自転車通学ができない状態が続いている。
これは、長男くんのため。朝の時間が少ない妻のため。

帰って来て、愛犬くんと散歩をする。
これは、愛犬くんのためだけど、自分のためでもある。

朝食を食べた後、家族の朝食の食器を洗う。
これは、自分と家族のため。

パソコンに向かって仕事を始める。
これは、ほとんど自分のため。でもお金を稼ぐ意味もあるから家族のためでもある。

お昼に軽く掃除機をかける。
これは、妻のため。

昼食の後、趣味の調べものをする。
これは、自分とバンドメンバーのため。

15時過ぎ、月1回の通院をする。
これは、自分のため。

帰って来て、愛犬くんと散歩をする。
これは、再度書くけど、愛犬くんのためであり、自分のためでもある。

夕方、晩酌のおつまみの準備をする。
これは、完全に自分だけのため。(^^;)

夜、家族4人で夕食を食べる。
これは、・・・お互いのため。

夕食後、家族の夕食の食器を洗う。(今日は久々です、毎日洗うワケではないです、ハイ)
これは、妻に「ありがとう」と言われたいため。

そして、今、ブログを書いている。
これは、ブログを読んでくれる人のため。
でも、本当は、自分のために書いてることがほとんど。

会社で仕事をしているときは、自分の時間は、自分と会社のためにしか使えなかった。

でも、今は、自分の時間を、自分の大切な人(犬)のために使うことができる。

これは、すごく幸せなことなので、感謝しなくては。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. kosukepark より:

    前回とリンクするのでコメントしました。
    すごくいいですね!うらやましいです!
    自分は今のところはリタイアは出来ませんが、会社に勤めて、退職延長して…なんて漠然とそれが当たり前だと思ってみました。
    今すぐに変われないですが、10年後、20年後、どうありたいのか考えなければと思います。
    個別のメールで頂いた、「自分を助けてあげなければ家族を助けてあげれない、自分を優しくしてあげなければ家族を優しくしてあげれない」の言葉がささりました。

    • 正吉 より:

      kosukeparkさん、コメントありがとうございます。
      自分のためになることが人のためになっていたり、人のためにしていると思っていることは実は自分のためにしている、ということにもつながるんだなぁということを書きたかったのでした。(^^)
      気づいてる人はとっくに気づいていることなんでしょうけれど、僕はこういう真理になかなか気づけず、しかも、すぐに忘れたりするんで困ったモンです。

  2. はなはな より:

    微笑ましいですね~。
    大切な人のためって書かれていますけど、
    自分の大切な人のために行動をする
     →自分の大切な人に喜んでもらえる
     →自分が嬉しい
     →自分自身のため
    なのかなー?って思います。

    • 正吉 より:

      はなはなさん、コメントありがとうございます。
      まさに、そんな感じです。「情は人のためならず」に近いかも。
      人のためになることをすることで、自分が幸せになれるような生き方ができればいいな、と思います。
      会社生活では、それがうまくできなかったので。

  3. super76 より:

    幸せって何か考えさせられる記事です。
    自分はどうかと思うと、結構ひどいです。
    これでいいのだろうか。いや良くない。

    正吉さんの真似をして書くと以下のようです。

    5時40分 起床
    犬の散歩、犬と自分のため。
    6時20分 朝食 自分のため。
    7時 出社(車通勤)
    8時 仕事開始 家族のため。
    21時 終了
    22時着 帰宅
     テレビ(ニュース)を見ながら一人で夕食 自分のため
     自分の食器は自分で洗う。家族はすでに食事済み 
    23時 パソコン ネット 自分のため
    24時 風呂 自分のため
    24時30分 消灯 

    これはひどい。自分のためしかないじゃん。
    これが人間らしい幸せな生活なんだろうか。
    疑問を感じる今日この頃です。
    家族団らんはすでに過去のことになっています。

    う~。

    • 正吉 より:

      super76さん、いつもお世話になっております。コメントありがとうございます。(^^)
      う~ん。
      でも、よーく見てみると、全然自分のためだけじゃないですね。
      とはいえ、やっぱり同じ道を目指すしかないですね。行きましょう!(^^)