「やっと給与が高い年齢になったのだから 今辞めたら損しちゃう」と思う気持ちはよくわかる

「1年前の自分は何を考えていたのかな?」
「2年前は?」
なんて思うことがよくあります。

ブログを書いていると、過去の自分が何を考えていたのかがわかるので面白いです。

2年前の今頃、
まだ、サラリーマンだった僕は、こんな記事を書いていました。

(やっと給与が高い年齢になったのだから、今辞めたら損しちゃう)という気持ちが強い。

子供が大きくなって増えていく生活費、住宅ローン、のことを考えると、年功序列のおかげで増えてきた給与を手放すのは、正直不安です。
でも、今の会社の給与額に縛られていたのでは、鎖を付けられた奴隷のような生活を続けなければなりません。

僕の場合は、
「会社がイヤになっちゃったから、会社を辞めて自由になりたい」
というとても後ろ向きな考えを持っています。

でも、この後ろ向きな考えをもう少し前向きに捉えて、自分がやりたいこと、自分が望む生活、自分がイキイキする人生を模索していきたい、今まで会社で働いてきて習得したスキルを活かした新しい生き方を探していきたい、と強く思いました。

自由な生き方をするために何をどう考えればいいのか?(2)[未来の働き方を考えよう]

ボーナスが支給されるこの時期、
(やっぱり、ボーナスが出るってうらやましいなぁ)と思うことがあります。

でも、そのボーナスも給与も、「たくさんの我慢の代償」だったよなぁ、と考えると、やっぱり辞めて正解だったと強く思います。

もう、この自由な生活は手放せません。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. プライア より:

    そう思わせるために年功序列ってのがあるのかも知れませんね。そんなつまらない考えで無駄に会社に居続けるのは、人生を棒に振っているのに近いものを感じます。

    私も落ち着いたら昔の記事を読み返してみようかな。

    • 正吉 より:

      プライアさん、久々のコメントありがとうございます。(^^)
      年功序列とかボーナスとか、居続けないと損する、と思わせる仕掛けが会社にはたくさんありますね。
      過去記事。あまり読み返すことはないんですが、タマに読み返すと「ハッ」とすることが多いです。

  2. kosukepark より:

    こんにちは正吉さん。
    個別にはメールでありがとうございます。
    タイトル内容について、今の自分にはホットな問題です。
    でも、収入より平穏な心を取り戻す事を優先として、先日上長へ辞意を伝えました。
    退職理由を正直に伝えたところで分かって貰えないし、理由によっては上長の査定が下がるので当たり障りない理由にしましたけど。(ここまでさせたのは職場とあなたも原
    因なんですけど!と心の中で思いましたけどね)

  3. kosukepark より:

    追記
    自分は転職ですが、一応儀礼的なものなのか話し合いの中で、会社規模、安定、今までのキャリア、後悔しないか、家族の為に思い止まる事を言われました。
    その家族と時間を作りたい、職場内の環境や立地環境が精神を蝕む事を話したところで理解して貰えないでしょうね。

    • 正吉 より:

      kosukeparkさん、コメントありがとうございます。
      自分と家族をもっと大切にしたい、だからこそ、の決断(転職)なんだ、ということが伝わっていないのだと思います。(わからない人には永遠に伝わらないのでしょう)
      この決断がうまくいくことを祈っています。(^^)