丁寧な仕事ができるというよろこび

11/14、15の土日は、家にこもってホームページ作成の仕事をしていました。

担当者の方が、締め切りの13日に間に合うよう、忙しい中で資料を作ってくれたので、それに応えようと思いました。

サイト内で要求される機能を満たすために、いろいろと工夫をしなければいけない場面があったのですが、汎用性が保てるように、後でメンテナンスがし易いように、時間をかけて作りました。

時間をかけずに「エイヤ!」で作ってしまうこともできるのですが、そうしてしまうと、僕以外の人が後でメンテナンスできなくなってしまう恐れがあります。

こういった仕事のやり方ができるのは、前職の経験のおかげなのですが、前職ではこのやり方が守れるわけではありませんでした。

「早くやれ、細かい能書きはいいから、早くやれ」

こんなことを平気で言う上司がいて、仕方なく「エイヤ!」な設計をして、システムを作ってしまい、後で自分が泣き・・。

そんな悲しい経験をよくしました。

今の仕事は、設計というほどではないけれど、方針も、作成も、当面の保守をするのも、全て自分です

スケジュールも、作成にかける費用(受け取る報酬ではなく)も、僕が決めることができます

自分で全てをコントロールできるのがうれしいです。

いくらでも丁寧に作り込める仕事環境がうれしいです。

今日、担当者の方から「いい感じです」というメールをもらいました。(^^)

う~ん、いいぞ。いい感じだ。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 見知らぬ男 より:

    色々と参考にさせてもらっています。
    一応、IT関連で働いているのですが、やはり難しいなと、このごろ思っています。
    目に見えないものだし、他人が作ったものや過去のものだと、内容がさっぱり理解できず改修に失敗して深刻なトラブル発生なんてことになって嫌気が差します。

    IT業界から足を洗って、別の生き方をしてみたいと模索している最中なので、一足先に別の生き方を始められた正吉さんのこのブログは色々と参考にさせてもらっています。

    • 正吉 より:

      見知らぬ男さん、コメントありがとうございます。
      アイツに出来たんだからオレにも出来るはず、と思ってもらえればウレシイです。
      まだまだ、道は途上ですけどね。