僕がやり始めようとしている2つめの仕事のこと

前回からの続きです。

ブロガーのちきりんさんが「未来の働き方を考えよう -人生は二回、生きられる-」の中で、こんなことを書いていた。

従来の働き方は、20代で就職した後、65歳まで42年間働き(もしくは70歳まで47年間働き)、定年後は寿命まで余生を楽しむというものでした。
しかし、今後は、職業生活をふたつに分け、職業も二回選び、前半と後半で異なる働き方をするのだと、考えるのです。

最初の働き方は社会から与えられた横並びのものですが、次は「自分で創るオリジナルの働き方」なのです。

-第四章 ふたつの人生を生きる-

今 僕は、「人生後半の、自分で見つけて自分で創る2つ目の働き方」を欲し始めているのだと思う。

少し「欲」が出てきたのかもしれない。
もっと「余計なおせっかい」をしたくなっているのかもしれない。

その「働き方」でする人生後半の仕事は、「助ける系の仕事」だ。

(なんじゃそれ?)という感じだけど、

  • WEBデザイン的な仕事 → 安くホームページを作りたい人を助ける
  • 会社を上手に辞めたい人に → 相談を受けたりアドバイスをしたりする
  • 会社・組織がツラくて心の病になっている人に → 相談を受けたりアドバイスをしたりする
  • お金が足りなくて困っている人に → 生活が楽になる情報を教える
  • いつ死んじゃってもいいように準備したい人に → 何をどうすればいいかを一緒に考える
  • 単純に僕が動くことで、誰かが助かるようなことをする

僕が今、興味を持っていること、面白いなと感じていることを、もう少しふくらませて、「感謝と報酬がもらえる仕事」につなげていきたい。

感謝は「ありがとう」と言ってもらえるだけでいい。
それだけで、自分の気持ちがとても豊かになることが、このブログを運営してきてわかってきた。

報酬は、お金でもいいし、お金でなくてもいい。
その報酬によって、僕や家族が生きていくために役立つものなら、交換的なことでも良い。
「ソレをやってもらったから、コレをやってあげる」感じのこと。

まだまだ、あいまいでザックリだけど、こんな感じで仕事の準備をする。
そして、こんな感じの仕事を個人事業主として始める。
何度か書いたけど、事業としてやるのは、経費を使えるようにしたいし、節税もしたいから。

またもっと何か思いついたら書きます。

  
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. super76 より:

    正吉さん、こんにちは

    前回と今回の記事、とても共感出来ます。
    自分も同じような思いで日々過ごしています。

    庄吉さんが2つ目の仕事と言われていることを
    自分は、「人生の仕事」という言い方をしています。

    自分がこの世に生まれてきてやるべき(使命となる)仕事です。

    今まで、会社での仕事は生活費を得るためのものでしたが、
    お金を得ることが目的ではなく、誰かに影響を与える(役に立つ)ような
    活動を「人生の仕事」としてやりたいと思っています。
    といっても、何をするか決まっていないです。

    それは何か、旅に出て見つけようと思っています。
    といっても本当の旅ではなく、心の中の旅になることが多いですけど。

    今回、立ち上げたサイト(ブログ)の中ではっきりさせていこうと思います。
    ※サイトはお見せできるところまで出来ていませんが・・・。

    活動をするには、お金がなければ出来ないので
    ある程度、収入にもつながる必要もありますが・・。

    人は稼ぐ方法ばかり気を取られますが、
    実は、大事なのはどう使うかだと思います。
    使い方を決めてから、必要分を稼ぐ。

    自分の欲求のためだけに、いろんな物をたくさん買い込むだけの
    使い方はちょっと悲しい気がします。

    平凡な自分ですが、後世に残るような事ができればいいなぁと思います。

    庄吉さんの「2つ目の働き方」がうまくいく事を
    願ってます。

    • 正吉 より:

      super76さん、コメントありがとうございます。
      「人生の仕事」。確かに、そう言ってもよいかもしれません。
      「残りの人生をかけて」なんて書いちゃったので、力が入っているように思われるかもしれませんが、方向だけブレないようにして、ゆるーく、ノンビリやりたいと思います。(^^)
      サイト公開を楽しみにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です