そのマンション広告は良くできていました(続き)

そのマンション広告は良くできていましたの続きです。引き続き、良くできたマンション広告にツッコミます。

35年ローンでも、毎月7万5千円(ボーナス払い無し)で「最低価格2,790万円の3LDKマンション」が頭金60万円で買えるなら、賃貸よりも良い気がします。

でも、肝心なことがこの広告からはハッキリと見えてきません。
広告の裏面の下の方に、 小さーく 書いてあったのは、こんな事項でした。

※管理費(月額)9,400円~10,500円(予定)、
※修繕積立基金406,200円~514,600円(予定)、
※修繕積立金(月額)6,680円~7,480円(予定)、
※駐車場使用料(月額)9,500円、
※バイク置き場使用料(月額)3,000円、
※駐輪場使用料(月額)500円、
※コミュニティ形成費(月額)300円

とても読みにくい文字で書いてありますが、
最低でも、初期費用に修繕積立基金406,200円がかかります。借入をすれば、事務手数料、事務取次手数料、ローン保証料、火災保険料等が必要になります。

車と自転車を持っていれば、毎月の支払額に、9400円+6680円+9500円+500円+300円=計26,380円が別途必要になります。

さらに、金利は変動金利なので、今後の利率がこのままとは考えにくいかと思います。

3.「素敵・快適・便利をかたちに。『ミセス・スタイル』のある暮らし」

「『ミセス・スタイル』のある暮らし」という暮らしが方がどんなだかわかりませんが、主婦目線メリットの説明が「これでもか!これでもか!」と書かれています。

キッチン周りの使いやすさ、水回りの清潔さ、セキュリティの構造、キッズルームの提供、付近のスーパーと公園の場所、WICなどの収納の充実度、などなど。
男性よりも、家事をすることが多く、家にいる時間が長い女性に向けた、この広告のメッセージは秀逸です。

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という ことわざ が頭に浮かびます。

まとめると、

・南向きでは無い1階の部屋の最低価格は2,790万円で、条件を良くすればさらに価格は高くなる。
・初期費用(頭金+修繕積立基金)は約100万円だが、借入をすれば諸経費がさらにかかる。
・月々の支払は、約10万円(ボーナス払い無し)を35年支払う。しかし金利の変動によって月の支払額は上がる可能性が高い。

となります。
「毎月のお支払いは万円台から」と大書された内容とは、かなり違ってきます。

「散歩をしていたら住宅展示をしていて、見たら気に入ったのでそのまま契約してしまった」なんて信じられないことをする夫婦もいるそうです。

物件を見てもらうための「釣り餌」の役割としても、この広告は実によくできていると思いました。

   
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. おっしゃるとおり、チラシは釣り餌ですから
    美味しそうでなければ、釣れないので意味がないので
    どうしてもギリギリの表現にしますよね
    この他に税金もかかってきますから

    • 正吉 より:

      消費しないピノキオさん
      あ、そうでした。そもそも、消費税増税を機に この記事を書いたのに税金のこと書いてなかったです・・。( ̄□ ̄;)

  2. 早期リタイヤ希望者 より:

    購入時だけでなく毎年固定資産税がかなりかかりますよね。トータルすると月々の維持費が結構な額になりますが、勿論広告には一切記載されません。

    • 正吉 より:

      早期リタイヤ希望者様
      コメントありがとうございます。
      僕は田舎に住んでいるのでまだ少ない方ですが、都会であれば維持費はさらに高くなりますよね。