タイ旅行記1(2018/1/10 日本からバンコク)

完全に個人的備忘録(出来事、食べたもの、使ったお金)なので公開するのも何なのですが、タイ旅行記を書いておこうと思います。
後で書こうと思ってても、絶対書かないことがわかったので。(^^;)

そもそもブログは日記の延長なので、そんな感じで書くのも良いのかも。

(旅が日常になってきちゃったら書かなくなっちゃうかも)(^^;)

5:30に起きる。6時45分甲府駅発の高速バスに乗るために早起き。

外気温はマイナス5℃。寒い。

高速バスは空いている。(僕を含め6人)

首都高で渋滞。間に合うかな?と心配になるが、10:30 時間通り成田空港に到着。渋滞も織り込んでいる時間設定なのか。

成田空港で時間をつぶす。参考記事:「やっぱり空港に来ると何とも言えない高揚感があるなぁ」

あまりお腹は空かないけど、機内食を予約していなくて(LCCエアアジアは基本食事は予約制)7時間何も食べられなくなるので、レストランを物色。でも食べたいものが無い。なので、セブンイレブンで「真あじの一夜干し弁当」を買う。

成田空港内のセブンイレブンでも価格は一緒。(インフレ無し)。でも、おでんとかは売らなくてもいいんじゃないかなって思う。お客さんが何十人も並んでいるのに店員さんがおでんを取り分けてるのはなんかヘンだ。

13:55 成田発ドンムアン空港行き出発。

飛行機に乗り込む時に客室乗務員の女性に合掌された。

(あぁ、タイの人は普通に合掌するんだな)と思った。

日本人乗客少ない。ほとんどはタイの人かな?

窓側の席。隣席は空いていた。ラッキー。これで足を組んだりできるし気を使わなくて済む。

中央席の赤ちゃんがずっと泣き叫んでいる。お母さんは大変だ。そっと耳栓をして寝る。

昼間の飛行機はそんなに眠れない。本を読んだりパソコンで記事を書いたりする。

定刻19:00にドンムアン空港到着。日本との時差はマイナス2時間。日本は21時。

入国審査で行列。1時間待ち。入国審査の女はパスポートを放り投げてよこすし、東南アジアの空港はこういうところがダメだなぁと思う。もう一つの新しいスワンナプーム空港でも同じなのだろうか?

空港で両替する。レートが悪そうなのでとりあえず5千円分を両替。
レートは、1円=0.2777バーツで、1,388バーツになった。
(市内の両替では、1円=0.2925バーツだったから1462バーツになる。およそ75バーツ・262円の違い)
(1万円両替すれば500円くらいの差になる)

この旅では、1バーツ=3.5円で計算することにする。

今回は今までで一番事前調査をしていない旅行なので、通信環境は必須。無料WiFiを当てにしなくてもいいように空港でSIMを購入する。

true社(?)のSIMを10日間,15GB分を購入する。料金は380バーツ(約1,330円)。
SIMの交換は向こうでやってくれる。自分のSIMを渡してくれるので無くさないようにする。
パスポートを渡してコピーを取られる。なぜか写真を撮られた。そういう決まりなのかな?


出口付近の赤い所がtrue社。

隣でSIMを購入していた同年代くらいのビジネスマン風日本人男性が「タイは初めてですか?治安が比較的いいから楽しんでくださいね」と笑顔で言ってくれた。旅中のこういう何気ないふれあいはウレシイ。(^^)

次はホテルまでの移動。

一泊目のホテルは、飛行機が遅れて夜遅くなるとイヤなので、ドンムアン空港近くのゲストハウスを予約した。
場所がどうにもわかりにくいので、タクシーで行くしか無さそう。

初めての国での一発目のタクシーはいつもロクな目に遭わないんだけど、今回もやられてしまった。

タクシーに乗って場所を説明したんだけど、どうもわからないみたい。

一台目のタクシーは頼りにならなそうだったので降りた。

二台目のタクシーも場所がわからず、ゲストハウスに電話をして場所を聞いてくれたんだけど、タクシーが動き出してもタクシーのメーターを動かそうとしない。

「メーター動かしてよ」と言っても、「200、200」としか言わない。

タクシーを降りようにももうだいぶ走ってしまっているし、言葉は英語らしきを話してるんだけど全然聞き取れないし。

あきらめて、200バーツ(約750円)を払うことにして、何を話しかけられても無視した。

日本なら短い距離のタクシーで750円払うことなんて当たり前だけど、タイでの短い距離なら100バーツもかからないはず。(ホテルのクチコミ情報によると)
こういう小さいボッタクリはとてもいらつく。(大きいボッタクリはもっとムカツク)

ゲストハウスに到着したのが21時前。

ここはホテル予約サイトagodaで予約した。

ホッパーズ プレイス ドンムアン ホステル (Hoppers Place Donmuang Hostel)|クチコミあり – バンコク

日本円で一泊2,710円。(価格は変動します)



空港から荷物を持っては、ちょっと歩けないかな。

空港送迎無料って書いてあったけど、迎えは有料だった。空港への送りは無料。

すぐにゴハンが食べられる店を探す。

コンビニもあったけど、ちゃんとしたゴハンを食べたかった。

宿から5分くらい歩いた所に、地元レストラン風な店を発見。

「ビールある?」と聞いたら、人の良さそうなお兄ちゃんが笑顔で頷いて迎えてくれたので入った。

ビール1本80バーツ(約280円)、肉野菜炒めみたいなの60バーツ(約210円)

ビール大瓶2本飲んだら酔っぱらっちゃって、歩いてゲストハウスに帰ろうとしたんだけど、どこからかアコースティックギターとドラムの音が聞こえてきた。

ミニライヴをやってる店があって、何の演奏だろ?と覗いてみたら店の人が出てきちゃって、笑顔で「どうぞどうぞ」みたいなこと言うから入っちゃった。

カウンター席に座ってビールを頼む。ビール1本100バーツ(約350円)


良い演奏なんだけど酔いと眠気に負けてしまって、店を出てホテルに帰り、ズブズブと寝た。

長い一日であった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね