ブログを続ける意味

少し前に、前の前の会社の同期の古い友人2人とキャンプに行ったのです。(「の」が多いぞ)

台風の中、3人で焚き火を囲んでお酒をダラダラ飲んでいたのですが、その時「ずっと前に正吉がブログにコワイことを書いていてオレはビビったよ」という昔話を友人が始めたのです。

詳しく聞くと、僕が当時書いていた「楽天ブログ」だか「yahooブログ」だかに、

「最近、子供を惨殺するような事件が多く起きている。

今もしも自分の子供をそんな風に殺されたらオレは地下に潜ってその犯人に復讐をする。

そいつの息の根を止めるまで復讐を続ける。絶対に許さない。」

というようなことを書いていたのだそうです。

僕は全く覚えていないんだけど、その友人はあまりにコワクて、そのことが忘れられなかったんだそうです。(^^;)

そんなことがあったもんだから、昔のブログの過去記事を漁っていろいろ探してみたんだけど、その記事は見つかりませんでした。

でも、その記事を探すために過去のブログをいろいろ読んでいたら、

(あの頃の自分はこんなことしてたんだな)

(こんなこと考えてたんだな)

という発見がたくさんあって、なんだかとても面白かったです。

もひとつ。

ちょっと前に、少しネガティブな記事を書いたことによるのかも知れませんが、

かなり前から僕のこのブログを読んでくれているという方々からメールを何通かいただきました。

「読んでますよ」と言ってもらえて、とてもうれしかったです。(^^)

「読んでくれる人がゼロになってもブログを書き続ける?」と聞かれたら、

うーん、どうだろう?書き続けるのだろうか?と少し悩むけど、、、

もしかしたら違うブログを起ち上げて、リアルの自分のことを知っている人が全くいない完全匿名のブログで書き始めるかも知れないなぁ、と思ったり。。

思いがけず僕の友人の心に何かが刺さったように、どこかの誰かの心に僕の書いた何かが刺さるかも知れないのが面白くて楽しみでブログを書き続けてるのかも知れません。

何となくまとまりがありませんが、最後に僕の好きな、ちきりんさんのブログ記事のリンクを張っておきますね。

あなたの文章を私は読んでいます – Chikirinの日記

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね