敵の正体がわからないというのはイヤなものですな

自分だけがやたらと元気でどことなく切ない、なんて能天気なことを書いていたら、体調を崩しました。

3/2,3は花粉が多くて、くしゃみが止まらず、頭が痛くなってきました。
3/4(金)の午後に全身に疲れを感じて、ベッドに横になったら起き上がれなくなってしまいました。

週末の3/5,6は、ずっと寝ていました。胸やお腹に強い痛みを感じていました。
熱はありません。セキも出ません。鼻水は出るけど花粉のせいだと思っていました。

(何か重大な病気にかかってしまったのかもしれない)

昨日、日曜日の夜にとても不安な気持ちになりました。

体の痛みに耐え切れず、今日病院に行きました。

「胸やお腹の妙な痛みが止まらないんです」
「熱は無いし、鼻水は花粉なので、風邪じゃないと思うんです」
「なにかヘンな病気じゃないでしょうか」

昨晩の不安を先生にぶちまけました。

先生は、
「今はね、熱が出ないインフルエンザが流行ってるんですよ。まずは検査してみましょ。」
と言って、検査のための棒を僕の鼻に突っ込みました。
(いつも思うんだけど、この痛い検査は何とかならないのだろうか?)

結果。

インフルエンザでした。B型でした。(あっさり)

「あ、やっぱりね。人によって出る症状は違うからね。金曜日に来てくれればもう少し楽に過ごせたのにな。ヘンな病気じゃなくて良かったね。」先生に笑われてしまいました。

正直なところ、インフルエンザと診断されて安心しました。なんだか気が抜けてしまった。

「診断書出しますんで、仕事は1週間休んでくださいね~」と言われたので、
「あ、仕事はしてないんで。診断書はいらないです。」と伝えました。

以前、
インフルエンザになりたいなんて
「インフルエンザになりたい」という検索ワード
という記事を書きました。

あまりに会社の仕事がツライとき、(インフルエンザになれば公休含めて連休できるかも?)と考えてしまうサラリーマンの悲哀を書いたのですが、この記事は検索でよくヒットするんです。
「インフルエンザになりたい」で検索すると、結構上位に表示されます。

「インフルエンザになりたいです。切実です。」なんて、YAHOO知恵袋の相談もヒットしたりします。
気持ちはわかるけど、インフルエンザ辛いっすよ。
こんな辛い思いをしてまで何かを回避したいなんて、間違いなく病んでますから、先に心療内科に行った方が良いと思います。

辛い状態のワリにはブログを毎日更新してるじゃんか?と思われるかもしれません。

僕も不思議です。
この時間(20-21時)になると、何だか少しだけ調子が良くなって、昼間ベッドの中で考えたことを書き出し始めちゃうんです。

寝込んでいると、普段よりもさらに人と話さなくなるので、さびしくなるのかもしれないですな。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね