「オレがどれだけ苦労してると思ってるんだ」

法事があって、実家に帰っていました。

昔からの知り合いと会う機会があって、悩み相談のような話になりました。

彼は僕よりも年下で、一流企業に勤める40代の営業マンです。
彼の仕事が忙しすぎて、家族との関係がうまくいっていないようでした。

ささいなことがキッカケで、

「オレがどれだけ苦労してると思ってるんだ!」
「オレが会社で稼がなければ、お前たちの生活がどうなるかわかっているのか!」

と、家族に言い放ってしまったそうです。

彼は僕が会社を休んでいることを知らないのですが、

「正吉さんは今までこういうことありませんでした?」
「どうやってやりきれない気持ちをガマンしてました?」

と聞かれてしまいました。

僕にも、
仕事が忙しくなって、
ストレスだらけになり、
睡眠時間が確保できなくなり、
タバコと酒が手放せなくなり、
家族に当たり散らすようになり、
自暴自棄になってしまった時期があった
ことを彼に話しました。

僕は、他人事と思えなくて
・調子を崩して会社を休んでいてもうすぐ退職しようと思っていること
・もうこういう生活には耐えられないので、支出を抑えた生活をすることと給与以外の収入の道を探すことによって、それを実現しようと考えていること
を話しました。
「それって具体的にどんなことですか?」と聞かれるだろうな、と思っていました。

でも、彼は、
・今の生活レベルを落とす気はない
・独立なんて無理だから今の会社にいるしかない
というニュアンスのことを言って、さっと話題を変えてしまいました。

彼は、本当は、単に愚痴を言いたかっただけで、僕にもそういう経験があれば、一緒に「あるよね~」と同意して欲しかっただけなのかもしれないな、と後で思いました。

この彼との話のことをいろいろと考えていたら、僕の周りにいる人はそれほど「自由」を望んでいないのかもしれない、と思い始めました。

長くなるので次回に続けますね。

「再考 自由っていったいなんだ?」に続きます

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. クロスパール より:

    お気のですが、「そうですか」としか言いようがない気がします。そんなにつらい仕事でもやめられないんだったらしょうがないと思うのです。いや別にやめたって生きていけるはずですよね。でもやめられないのです。 このあたりの気持ちは多数派だと思います。
    でもブログなどでいろんな生活をしている人を垣間見るとそれがすべてではない、いろんな生き方があると知ることができます。 少し自分の知らない世界も知ろうとして欲しいなと感じました。
    サラリーマンがつらいのはみんな同じだと思いますよ。

    • 正吉 より:

      クロスパールさん、コメントありがとうございます。
      今の環境はツラいけど今の環境を変えたいほどではない、ってことなんだと思います。
      自分の知らない世界を知ろうとして欲しい、と僕も思います。
      彼は車の営業マンなのですが、17万kmも走っている車に乗り続けている僕みたいにはなりたくない、ということかも知れません。(^^;)

  2. 見知らぬ男 より:

    正吉さんが、以前、書かれているように自由には責任が伴うので、その責任が嫌だという人は支配されている状態の方が気が楽なのかもしれません。

    あと、やはりずっと会社員生活をしていれば、会社に勤める以外に金を稼ぐ手段を考えられなくなるのだと思います。

    • 正吉 より:

      見知らぬ男さん、コメントありがとうございます。
      「責任を負わない方が気が楽」という気持ちは誰にもあると思います。僕にもあります。
      「人的資本が最大化する時期なのに、なんで今辞めるの?」っていう気持ちもあります。すごくあります。せっかく今までがんばってきたのに、って。
      でも、それじゃ絶対後悔するっていう確信もあるんです。
      未だに迷います、、、難しいです。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です