うわぁー…(豪ドル下がり過ぎでヤバイ)

昨日「豪ドルを買ったら下がり続けて参った…」という記事を書きました。

今年の初め、2020年1月の豪ドル/円の価格は、1豪ドル=76円くらいでした。

それが今(2020/3/18)では、1豪ドル=64円近辺です。

その差額何と約12円!!

1万豪ドル持ってると、約120万円のマイナス!!

しかも、たったの2週間で…。

我が家の資産が減っている… ピンチです

本日、2020/3/19 10時59分。

豪ドルは、1豪ドル=60円以下まで下がりました…。

1万豪ドル持ってると、約160万円のマイナス…

たった1日で約40万円が溶けてしまった…

正吉、死亡。。。

「何でこの時期に豪ドルなんて買ってるんだよ。バカじゃないの?」

と思われる方もいますよね。

なので、言い訳を書いておきます。

実は、次男くんがオーストラリアに留学する予定なのです。

その留学費用として、1年間の学費が3万豪ドルくらいかかりそうなのです。(1豪ドル76円として、約230万円)

その他1年間の生活費も1万5千豪ドルとすると(1豪ドル76円として、約120万円)

1年間で350万円!!

我が家は富裕層ではないので、当然、学費は奨学金に頼るわけなのですが、生活費くらいは何とか負担してあげたいと考えていました。(次男くんには現地でバイトもしてもらいますけどね)

でも、もしも1豪ドルが100円とかになってしまったら、1年の生活費は150万円に膨れ上がってしまうのです。

あり得ない話ではありません。2014年末の頃は1豪ドル約100円でした。

まだ、コロナの「コ」の字も無かった今年2020年の初めに、慎重な(アホな)正吉くんは「安いうちに豪ドルを買っておこう」と考えたワケなのです。

(まさか、1か月で76円が60円になるなんて思わなかったもんで…)

そんなわけで、目論みが見事に外れて、大損害を被っているワケなんだけど、これからどうしようか…。

こう考えることもできる。

豪ドルの値が下がっても売らない。

1豪ドルが50円になったとしても、留学費用も円に対して下がるワケだから「格安で留学ができる」と考えられる。

結果的に損をするわけではない

うん、そうだ、そうだ。

損失を確定してしまったら溶けてしまうけど、持っていれば良いのだよ。金利も少しは付くし。

これから先の4年間で、豪ドル安が続くとも思えないしな。(知らんけど)

というわけで、精神的にはキツいけど持ち続けることにしました。

4年後に笑い話になっていることを願う…。

切に…。

 
18:00 追記:
RBA(オーストラリアの中央銀行みたいな所)が「必要であれば為替相場に介入する」との発言で、62円まで上がりました。
もっと上がってくれ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね