「願うこと」と「望むこと」

願う」は、宝くじが当たりますように、とか、いい出会いがありますように、とか、元気でいられますように、とか何かに頼ること。

望む」は、自分がはたらきかけることで、何かを叶えようとすることかな、と思う。

願いは神頼みで、望みは自分頼み

自分頼みということは、自分が考えなければ、自分が動かなければ、自分が強く想わなければ、叶うことはない。

僕は、願うことはもうやめて、望んで生きていきたい。

英語でも「願う」はHOPEで「望む」はDESIRE

DESIREの方が、何かこう、「どうしても叶えたい」みたいなのが感じられる。

」って大事で、

(運に見放されたな-)と、世の全てを呪うこともあるし、

(オレは運がいいなー)と、世の全てに感謝したいときもある。

その「運」も「願う」よりは「望む」ことで、引き寄せやすくなるんじゃないかな、って思う。

だからやっぱり「望む」んだ。

望んで叶えるんだ

そんなことをフト考えた。

「じゃ、『願望』って何よ?」とか言われても困るんだけどね。(^^;)

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね