消費を減らし工夫して豊かに暮らす -大きなタンスを移動する方法-

我が家の2階にある長男の部屋は、前は妻の部屋だった名残で「大きなタンス(婚礼タンス)」が置かれたままでした。この婚礼タンスが原因で、長男のベッドと机がうまく配置出来ない状態になっていました。

婚礼ダンスを2階から1階に引っ越したいのですが、あまりにも大きいために自分達では移動が出来そうにありませんでした。(この家に引っ越して来た時も、このタンスはクレーンを使って2階のベランダから入れたのです)

たかだか タンス一つ動かすのに面倒だけど、引越業者に「タンス移動」の見積もりを取ることにしました。依頼したのは、日○○運。

家まで見に来てもらって、出た見積料金は「3万円」でした。
妻は(仕方ないか・・)という顔をしていましたが、今の僕は納得がいきませんでした。
(3万円をキープしたり、3万円を稼ぐのが、どんなに大変なことか。。。)

ネットでも調べてみました。
家具移動の相場は1万円~。でも、クレーンを使うとどの業者でも2万円は超えてしまうようでした。

僕は提案しました。「自分達でタンスを移動をしてみよう」

巨大タンスは中身を抜いたくらいでは絶対に移動できないけれど、タンス自体をうまくバラすことができれば何とかなるかもしれない。

最近 「ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方」  という本を読んでいて、「お金を使わずに消費を減らし、工夫して豊かに暮らす」という教えがありました。その教えを活かすチャンスです。

タンスのネジ位置を調べてみます。
ネジを外したり、少しゆるめていくと、巨大タンスは10個の部位に分解出来そうなことがわかりました。

解体が出来ても、階段を使って1階に下ろすことが出来なければ意味がありません。
我が家の階段は ねじれていて、大きなモノの移動には不向きです。

一番大きなタンスの部位(タンスの中心部)と階段の空間を目測で比べてみました。
行けそうな気もするけど、ダメな気もする。(^^;)

ダメモトでやってみることにしました。(ダメなら業者に頼むしかないです)
タンスの中身を出して、掃除をしながら、解体していきます。

135

139

家族で協力しながらの作業はなかなか楽しいです。
これが「プライスレス」というやつなのかも・・。

1時間ほどで解体が終わり、長男と二人で階段での移動を開始しました。(長男は中学生になって力がつき、頼りになる存在になりました)

心配していたタンスの中心部は、壁のアチコチを傷つけながらも何とか下ろすことが出来ました!

全てを2階から1階に移動して、

142

組み立てをして、

143

完成! \(^o^)/

145

僕と妻と長男の3人で約3時間の作業でした。

「これからは、貧乏になるかもだけど、お金が少なくても楽しく生活していこう」という僕の思いを表す象徴的な一日でした。
(妻と息子はそう思っていないだろうけど・・)

給与は高いが、時間に余裕の無い生活をして、支出が多い生活をするのか?
手取り金額は少ないが、時間に余裕のある生活をして、支出を少なくする生活を目指すのか?

僕は後者がいいなぁと思うし、その方がこれからの生き方としては正しいのではないかな?と思っていたことに納得が出来た体験でした。

一人当たり1万円の働きをしたので、お昼ゴハンは行きつけの食堂でサービスランチを食べました。(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ 
↑↑↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. パルタ7 より:

    こんばんは。

    大型箪笥の分解&移動、お疲れ様でした。諦めずにやれば出来るものなんですね。3万円の出費、見事に抑えましたね、偉い!

    • 正吉 より:

      パルタ7さん
      ありがとうございます。とても良い体験でした。支出をする前に「待てよ」と思う気持ちを忘れずにいきたいと思います。

  2. 素晴らしいです
    タンスの分解の仕方や運び方
    いつか役に立つ時が来ると思います
    頼んでしまえばお金を払って終わりです
    その作業の価値を知ることはありません
    今回はお金をもらって作業の価値を
    知ることが出来たので一石二鳥ですよ

    トムソーヤのペンキ塗りです

    • 正吉 より:

      消費しないピノキオさん
      ありがとうございます。
      加えて、最近は親父が活躍する場が少ないです。
      電球取り換えようにも電球切れないし、ブラックボックスが多すぎて家電なんか直せないし。。親父が活躍出来る機会も得られたので、一石三鳥になりました。