どうしてこんな社会になっちゃったんだろ

ボーっといろんなこと考えてたら、1週間が過ぎてしまいました。

ブログを日々更新するのが良い習慣だったのに、いけませんね。

実は、まだ、長男くんとの奮闘の日々が続いているのです。

いろいろ考えていましたの記事を書いてから、ずーっと書けないでいたことを少しづつ、書いていきますね。

子供に「自分の将来は暗い」と言われたら、どうアドバイスしますか?の記事の中で、息子くんが将来に希望を持っていないことを書きました。

「高校卒業して大学行けば楽しそうだけど、就職したら毎日がツラくなるでしょ」と言われました。

長男くんは、社会人になることに何の希望も持っていないようでした。

正吉「どうして、そう思うの?」

長男「ブラック企業とか過労死とか、若者1人が老人2人の面倒みなきゃいけなくなるとか、暗いニュースばっかり聞くし、学校の先生だって『がんばらないとダメになる』って言うし・・」

正吉「学校の先生は、どんなこと言うの?」

長男「学校の先生は、『ロボット化やAIが進めば、君たちの仕事はどんどん無くなる、だからもっと勉強してレベルの高い大学に入って、人間でなければ出来ない職種で就職しなきゃ将来が無い』って言ってた。」

先生の言ってることは、間違っちゃいないかもしれないけど、「就職しなきゃいけない」と考えている時点で、ちょっと違うな、とは思います。

でも、そんな僕だって、つい最近まで、

「日本は少子高齢化でこの先ダメな感じだから、年齢別人口構成比を見て、これから経済的に発展しそうなフィリピンとかカンボジアとかベトナムとかに移住して仕事すれば良いんじゃない?」なんて、無責任なアドバイスをしたりしていました。

どうしてこんな夢も希望も無い社会になってしまったのか?

→ 何となく理由は見えています。
  でも、僕が考えている理由をうまく説明することが出来ません。

本当に日本はもうダメなのか?

→ 僕は、そう思っていません。
  でも「何がどうダメじゃないのか」をうまく説明することが出来ません。

何となく、頭の中に「答」のようなものはあるんだけど、それは、整然としていなくて根拠もしっかりしていないから うまく説明できない、という感じなのです。

なので、ここ1ヶ月くらいは、いろいろな本を読んだり、自分で考えたりして、頭の中を整理整頓しようとしていました。

そして、整理をしているうちに、この作業は、僕自身のためでもあることに気づき始めました。

僕は、今の自分の自営業の仕事にも疑問を感じ始めていたのです。

長くなります。次回に続きます

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね