タイ旅行記10日目(2018/1/19 パタヤ ジョムティエンビーチ3日目)

今朝もビーチを散歩した。

パタヤ中心街のビーチでは見なかったけど、ジョムティエンビーチでは「漁師さん」を見ることができる。

パタヤは元々小さな漁村だったらしい。

元々パタヤは小さな漁村に過ぎなかったが、ベトナム戦争に米軍が隣のラヨーン県にあった空軍基地・ウータパオを使い、パタヤを米軍保養地として利用し始めたために開発が始まった。

パッタヤー – Wikipedia

早朝に小さな船で漁に出て、朝7時頃に浜に帰ってきて、網にかかったカニやエビ・魚を取り外して、その場で売っている人もいるし、クルマで市場に持って行く人もいるようだ。

ここでカニとか買って、ビーチでBBQしながら、ビールを飲めたら楽しいだろうなぁ。

雲一つ無い晴天。とても暑い。

今日は豪華ホテルを離れる日。ビーチが近くて居心地がとても良かったホテルだったからすごーく悲しい。

泣く泣くチェックアウトして、予約した次のホテルに引越し。

今日から2日間は豪華ホテルから500mくらい離れた中級(?)のホテル。

このホテルも11時に行ったのに、チェックインさせてくれた。

少しボロいけど、プールもちゃんと付いてるし、部屋も広いし、なかなか快適そう。

i-talay-resort-pattaya

1泊2,600円。

暑いので、プールに行って、子供達と一緒になって泳ぐ。

プールから自分の部屋を眺めていて気づいた。

(隣のバルコニー付きの部屋が空いてる・・)

部屋を移れないか、フロントに交渉してみる。

「300バーツ(約1,050円)追加になるけど・・」と言われて、ちょっと迷う。

でも、今の部屋はカギの調子も悪いし、バルコニーでノンビリしたい思いが強くて、部屋をチェンジすることにした。

(で、いつ300バーツ払えばいいのかな?と思っていたけど、結局請求されなかった(内緒)(^^;))

バルコニーがあるとやっぱりいいな。くつろぎ度が30%くらいアップした。(^^)

日中は暑かったけど、ジョムティエンの街を歩くことにした。

少し不動産の情報を集めてみようと思ったのだ。

ネットで検索すると、月単位で借りられるコンドミニアムがたくさんあって、その情報を集めてみたかった。

ネットで見た物件情報を頼りに、いろいろ歩き回ってみた。

ちょっと見にくいけど、キッチン付き・プール付きのコンドミニアムが10,000バーツ(約35,000円)/月で借りられる。

1年契約価格だから、冬の間3か月だけとかだと条件が変わってくるんだろうけど、魅力的だよなぁ。。

他にもいろいろ廻ってみた。

でも、やっぱり暑くて限界だった。(^^;)

力尽きて昼食。

肉野菜炒めとゴハンを食べたかったんだけど、店選びに失敗して、とんでもなく辛い料理に当たってしまった。

(見た目は全然辛そうじゃなかったんだけど・・・)

クチビルがタラコになってしまったので、慌ててビールを注文する。

炎天下を歩き回ったから、ウマイんだなビールが。

店を出ても、辛さが止まらず、汗も止まらないので、AMAZONカフェで休憩。

AMAZONカフェは、スターバックスよりもリーズナブルなお値段で飲み物が飲めた。

夕方になって、またビールが飲みたくなったので、今日もソンテウに乗って、パタヤ中心街のウォーキングストリートへ。

今日はバンドが変わっていた。

レスポールを弾いていたギタリストが素晴らしかったな。カッチョイイ。

ベースの人はずっと酔っ払っていて、ポイント低い。

バンドを見ながらビールを3本くらい飲んで満足したので、帰りのソンテウ乗り場に歩き始めたら、ゴーゴーバーの前にいたお母さんに捕まった。

いつもなら「ゴメンね、ゴメンねー」と言いつつ、そっと離れていくのだけど、もう旅も終わりに近いので(?)、これも経験だと思い、腕をつかまれたまま黙って引きずられて、ゴーゴーバーに入ってみた。

と言いつつ、しっかり下調べはしていて「ゴーゴーバーとはこんな所です」という情報は得ていた。

何もわからないフリをしつつ、ドリンクもチップも無視して、裸のお姉ちゃんが踊っているのを眺めていた。

「この子、どう?」みたいなことを言いながら、お母さんがワーっと話しかけてくるので、あいまいな返事をしながら「うーん、今日はお金持ってこなかったから」と言って、15分くらいでそーっと店を出た。

ゴーゴーバーもすごい所であった。一度入ってみた方が良い、と思うような思わないような。。。(^^;)
(ハマったら抜け出せなさそう・・・)(^^;)

何となく夕食を食べ損ねたので、コンビニでピーナッツとミックスナッツとビールを買って、ホテルで食べて、ズブズブと寝た。

今日の歩数:19,216歩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね