会社に入ってよかったと思うこともある

前会社に勤めていたときの友達から久々に連絡があって、都内への出張を機に会うことになった。

彼女は、僕よりもずっと若くて、仕事上での接点はほとんど無かったのだけど、あまりメジャーではないロックバンドのことが好きだ、ということがわかって仲良くなった人だった。

会社への忠誠心がほとんど無く、ヘンな愛社精神も上昇志向も無い、というのが2人の共通点だったのかもしれない。

僕が会社にいた頃に、何度か一緒に飲みに行ったことがあるくらいだったけど、いつもくだらないバカ話ばかりして、ゲラゲラ笑っていた記憶がある。

久しぶりに会った彼女は、全然変わっていなくて、相変わらず綺麗で、聡明で、まっすぐに目を見て話すクセも変わっていなくて、何だかとてもうれしかった。

バカ話もたくさんしたかったのだけど、僕が辞めた後、会社にいる人たちがどう変わったのかを知りたくて、会社の人の話ばかりになってしまった。

もうどうでもいいや、と思っていた会社なのに、懐かしい人たちが今どうしているのかはちゃんと気になるんだな、ということに自分でも少し不思議な気がした。

手と口の周りをギトギトにしながら鶏の丸焼きを食べる、全然気取らない彼女と、ビールとワインと日本酒を飲んで、終電近くまで話し込んでしまった。すごく楽しかった。

「私が面白いなと思う人は、みんな会社辞めちゃうんですよ」と彼女は言っていた。

僕はそんなに面白い人間じゃないけれど、その言葉は何となくわかるような気がした。

僕は、いつも会社の悪口ばかり書いているけど、

こういった素晴らしい友人との出会いがあるから、会社に入ってよかったと思うこともあるのですな、

とキレイにまとめてみたりする。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 僕もたまに前職の人と会って飲んだり話したりします。
    前々職も前々々職の人とも会いますね。
    無駄は無いと思うんですよ、全ての出会いに意味があって、それぞれ大切な人間関係です。
    面白い人もいますしね。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      たまたま出会った場所が会社だった、ということですよね。
      良い友人は大切にしようと思います。(^^)

  2. Sprits より:

    それもあなたの大切な軌跡なんだと思う。

    • 正吉 より:

      Spritsさん、コメントありがとうございます。
      「軌跡」。そうか。ありがとうございます。