僕はあまり深く考えずに人生を生きて来てしまった(1)

僕はあまり深く考えずに人生を生きて来てしまったな、と思うのです。

子供のときは何も考えずに好きな野球ばかりしていました。

中学生のときは、成績は中くらい。
「君の学力で入れる高校はこの高校です」と先生に言われて、その高校に入りました。

高校生になって成績が下がり、危機感を覚えました。
高校生の時点では、「将来やりたいこと」は、全然わかりませんでした。

大学に何があるかわからなかったけど、
「浪人はさせない。現役で受かれば大学には行かせてあげる」
という親の意向に従うことにしました。

高校3年生になって、そこそこの受験勉強を始め、
なんとか補欠合格で繰り上げになったので、その大学に入りました。

大学生活は楽しいものでした。
友達の家を泊まり歩き、そこそこにアルバイトをやり、1年留年をして、何とか単位ギリギリで大学を卒業出来そうでした。

就職活動はどうするんだ?」と周りから心配されるようになり、大学の成績が悪くても入れる会社に入ることにしました。

「コンピュータ関連の会社に入れば 食いっぱぐれないんじゃないかな」、と先輩に聞いたので、システムエンジニアとして働ける会社を探し、2社で面接を受けました。

当時はバブル終焉の頃だったけれど、従業員1000人以上の「大企業」と呼ばれる会社に潜り込むことが出来ました。

僕の就職活動はあっけなく終わりました。

(続きます)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね