僕はあまり深く考えずに人生を生きて来てしまった(2)

大企業」と呼ばれる会社に入社し、新人研修を受け、配属され、現場の仕事を始めました。

(こんなもんで良いのかな)というレベルの仕事をこなし続け、大きな失敗は無かったけど、大きな成功も無いような会社生活を続けていました。

会社の仕事が好きな仕事か?と言われると、
「好きなわけではないけど、キライでもない」
という曖昧な仕事ぶりであったと思います。

ただ、大きなプロジェクトが終わった後の「打ち上げ」(飲み会)は とても好きでした。
何か飲み会があるとすぐに幹事になってしまうクセがあって、お酒ばかり飲んでいました。

下っ端時代の会社生活では、泣いたり、落ち込んだり、挫折をしたりしたけれど、上でも下でもなく「中くらいの立場」にはいた、と思います。
「アイツは良い」とは言われなかったけど、「アイツはダメだ」とも言われなかった(と思います。)

両親も元気だったし、自宅から通勤していたので、お金の心配をしたことはありませんでした。
週末は、学校時代の友達や会社の同期の人と遊びながら、有意義で気楽な生活を送っていました。

(続きます)

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね