18歳の長男くんと16歳になる次男くんへ

18歳の長男くんと、16歳になる次男くんへ。

君たちは僕の誇りです。

僕は今まで迷いながら生きてきて、

今でも迷いながら生きていて、

何となく50歳になってしまって、、、

自分が何を成し遂げたんだか、よくわからない。

でも、君たちがちゃんと生きて、歳を重ねてくれて、

迷う父に、時には助言をくれたりして。

僕の知らない人たちを君たちが助けているのを知って、

誇りに思いました。

君たちとは、だんだん物理的には離れていくのが自然だけれど、精神的にはつながっていようね。

これからもよろしくね。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね