「DRIVE MY CAR」を観てきた(ネタバレ無し)

「DRIVE MY CAR」を観てきた。

ネタバレは無いので安心してね。

この映画は少し長くて、3時間くらいあるからちゃんとトイレに行ってから観ようね。(^^;)

映画を観て、

人って、別れた人とも対話をしながら生きていくんだな、って思った。

別れというのは、生き別れも死に別れも含めて。

死に別れちゃったらもう対話のしようがないんだけど、生き別れでも対話のしようがない場合もある。

それでも、自分は生きていかなくちゃいけない。

愛しいあの人と直接の対話ができなくても、自分の中での対話をして、自分の中で解釈をして、自分なりの結論を導き出して、

そして、生きていかなくちゃいけない。

そんなことを考えた。

なんだかうまく言えないけど、何回か観てみたい映画だ。

観たときの気持ちで、自分に刺さる部分が変わってくる映画な気がした。

まだ原作を読んでいない。

読んでみたくなった。

映画「DRIVE MY CAR」

文庫「女のいない男たち」村上春樹

#早期退職

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です