会社に勤めている間にやっておくべきこと

「やむなく会社を辞めて、「フリーで・個人で」仕事をする前に読む本 」 を読んでいます。

この本の2章に「会社に勤めている間にやっておくべきこと」が書かれています。参考になる点が多いので書いておきます。

01.この際に生活費を一度総ざらいしてみよう
02.いまのうちに身体の悪いところは治しておく
03.資格としてばかりでなく、身分証明書にもなる自動車免許を取っておく
04.信用のあるうちにクレジットカードを作ったり、ローンを組んでおく
05.仕事を始める前に家族の了解・理解を得ておくことが最も大事
06.専門知識や技能を身につけておこう

 

01.この際に生活費を一度総ざらいしてみよう

これは、僕が退職を考え始めたときにしたことと良く似ています。
●現時点の資産一覧を作る
●現時点の負債一覧を作る
●毎月の支出を把握しておく(退職後の年金・健康保険・保険も調査して準備しておく)

さらにキャッシュフロー表 でシミュレーションが出来ていると良いと思いました。

02.いまのうちに身体の悪いところは治しておく

通院して直すべき病気は治しておく、また、余裕のある間に虫歯くらいは治しておく、ということです。

03.資格としてばかりでなく、身分証明書にもなる自動車免許を取っておく

会社を辞めると社会的信用が小さくなるので、健康保険証以外にも顔写真入りの身分証明があると便利、ということです。

04.信用のあるうちにクレジットカードを作ったり、ローンを組んでおく

会社を辞めると審査が通りにくいそうです。住宅ローンの借り換えなども会社員でなくなると審査で引っかかり面倒になるようです。(「退職する前にローンを組んでおけ」というのは、ちょっとおかしいと思いますが・・。)

05.仕事を始める前に家族の了解・理解を得ておくことが最も大事

僕の場合、妻の理解は得られていません。が、了解は得ました・・。 ちゃんと理解が得られるよう頑張りたいと思います。

06.専門知識や技能を身につけておこう

・新しく始める事業で不可欠なもの
・あったほうが便利なもの

僕は個人事業の開業を目指しているので「経理」の知識が必要だと考えています。「技能」や「資格」というよりも、節税などの知識を今のうちに出来るだけ得ておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね