これからは日の出が早くなるから、きっと元気になる

冬になると日照時間が短くなります。

朝の「日の出時間」も遅いし、夕方の「日の入り時間」も早い。
日が短いと、元気がなくなってしまうことが多くて、うつ状態だったときは、この季節がとてもツラかったです。

太陽の光は、「セロトニン」という神経伝達物質を活発にしてくれます。
「セロトニン」が減少すると、やる気が出なくなって、元気がなくなっちゃいます。
うつ状態が激しい人には、人工の光を浴びるという治療方法もあるくらいなのです。

なので、調子が悪かったときは、よく、各地のこよみ (日の出入り)のページを見ていました。

このページで「甲府」を指定して、「日の出時間」と「日の入り時間」をチェックしていました。ちょうど今くらいの1月中旬になると、「日の出時間」が早くなり始めるんです。

「日の出時間」が早くなると、朝の起床のツラさが、ほんの少しだけ、軽くなるような気がしました。

日照時間が増えて、ほんの少しだけ、元気が戻ってくるような気がしました。

今、とてもツラい思いをしている人も、きっとこれからは少しずつ気持ちが軽くなって、元気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. aiib より:

    こんにちは。私も過去にうつ状態で会社を休職しました。
    年末から再び体調が大幅に悪化しており、突発で休む事が多くなりました。
    そろそろ潮時ですかね・・・。

    • 正吉 より:

      aiibさん、コメントありがとうございます。
      僕は2回休職しました。2回目も全然アリだと思います。
      退職前提の休職でしたら、良いアドバイスをさせていただきます。連絡をください。