(雨か・・、行きたくねぇな・・)

朝起きて、雨が降っているのがわかると、

(雨か・・、行きたくねぇな・・)って、いつも思ってた。

梅雨になると、いつも思い出す話がある。

僕が最初に勤めた会社はSE会社で、自分の会社にいる時間よりも、お客さんの会社にいる時間の方が長かった。(そういう仕事だった)

そのお客さんの会社に梅雨の時期に訪問したときに、役員さんから「雨なのに大変だね」と話しかけられた。

「正吉くんは雨なのに、よく、こんな遠い我が社まで来てくれるよね。サボりたかったでしょ?」と言われた。

「いえ-、そんな・・」と応えつつも、少しほっこりした気分になる。

その役員さんは、こんな話をしてくれた。

「僕なんかはさ、若い頃、梅雨で雨が降ると会社サボってばかりいたんだよ。

会社に電話してさ、『風邪ひきました。休ませてください』つってさ。

会社サボって、家でカミさんといいことしてたの。

子供が3人いるんだけどさ。

3人とも、4月産まれなんだよ。

ほら、十月十日っていうじゃない?

3人とも、梅雨でサボってた6月頃にアレした子供なんだよね。

ワハハ・・。」

この話が大好きだった。

(そうだよな。雨で会社行きたくないなら、家でカミさんといいことしてれば良いんだよな。。。)

役員さんが若かった頃は、もう少しゆるくて良い時代だったんだろうな、って思った。

牧歌的というか。

20年くらいに聞いた話だから、逆算すると50年前くらいの話かな。

今日、山梨は一日雨が降っていた。

僕は愛犬くんの散歩にも行けず、家で一日ぼーっとしていた。

読みたかった本を読んで、ギター弾いて、昼寝して。。。

(「カミさん」も家にいたけど、お互いいいことできる歳でもないし・・)(^^;)

お昼ご飯を食べながら妻とテレビを見ていたら、痛ましい事件をたくさん見た。

(もっと心に余裕があれば、こんな事件起きないだろうになぁ)って思った。

ゆるくて牧歌的な時代は、また戻ってくるんだろうか。

   
  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね