アナタはとてもいいヤツだったけど、アナタのせいで大事な決断が遅れたから、オアイコだね

この季節になると、アナタのことを思い出してしまう。

アナタはいつも、僕に喜びを与えてくれていた。

アナタがやってくると、僕はとても嬉しかったし、明るい気持ちになれた。

アナタに会うと、クソみたいな会社生活にも何とか耐えることができた。

ずっと近くにいたから、アナタの大切さに気づかなかった。

そんなアナタに、僕は自分から別れを告げた。

アナタに会えなくなってから(アイツ、とてもいいヤツだったんだな)と感じる。

できるならば、もう一度アナタに会いたい。

いや、一度だけではなく何度でもアナタに会いたい。

大きな決断をすることで、僕はとても大切で貴重なものを手に入れることができた。

その決断が、結果的にアナタと別れることにつながってしまった。

でも逆に言えば、アナタがいたから、その決断をするまでに時間がかかってしまったのだ。

アナタのせいで、タイミングが計れずに決断出来ない人がたくさんいるんだよ。

アナタはとてもいいヤツだったけど、アナタのせいで大事な決断が遅れたから、オアイコだね。

もう一生アナタに会うことはないと思う。

今まで僕と僕の家族を支えてくれてありがとう。

さようなら、「ボーナス」。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね