「受信料サギ」 -NHK備忘録-

テレビを見ることができるとわかると、お金をむしり取る。

お金を払う人がいるとわかると、さらにお金を取ろうとする。

もう本当にヤクザ以上だな。

NHK受信料詐欺をしたのは、NHK長崎放送局で受信料徴収員を務めていた人。

NHKが業務委託する下請け企業A社の指示で受信料詐欺に手を染めていた。

「私がやっていたのは、パラボラアンテナなどの受信機器が設置されておらず、明らかに衛星放送が映らない世帯に衛星契約を結ばせるというものでした。NHKの受信契約には『衛星放送』と『地上放送』の2種類があり、地上契約は基本の2カ月前払いで2520円なのに対し、衛星契約は4460円と、1940円高い。だからNHKとしてはできるだけ衛星契約を増やしたい。徴収員の給与は歩合制で、衛星契約を多く取れば、その分ポイントが加算され、給料が上がるのです」

ターゲットは、一人暮らしの高齢者や親元を離れた学生など、受信料について詳しくない人だという。

「『月額いくらかご存知ですか?』と聞き、お客さんが『知らない』と答えれば、衛星契約と地上契約の違いには敢えて触れずに『1カ月で2000円(※衛星契約の値段)くらいです』とだけ伝えるんです。すると、『そんなものか』と、疑問を持たずに衛星契約を結んでくれるのです」

別の業務委託会社に所属していた元徴収員は、「A社の受信料詐欺は氷山の一角に過ぎない。全国的に行なわれている可能性がある」と語る。

NHKの元徴収員 悪質な受信料詐欺の手口を告発

早くちゃんとした公共放送になってください。

参考記事:
「受信料着服」→「隠蔽」 -NHK備忘録-

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね