僕はあまり深く考えずに人生を生きて来てしまった(3)

30代になって、4年間付き合った彼女と結婚しました。

2年後に子供が生まれました。

この頃、プライベートは充実していたけれど、
仕事で忙し過ぎたのと、ストレスが多くて「ココロの病気」になってしまいました。
会社での人間関係もあまり良くない状態で、精神をやられてしまったのです。

うつ状態」になることが多くなり、会社を遅刻したり、休んだりすることが多くなりました。

仕事中に用事があるフリをして外出し、山手線に乗ったまま、
(どこで降りようか・・)
と思いながら、ボンヤリと電車に乗り続けたまま見ていた光景を、今でも思い出すことがあります。

しばらくして、諸事情により、生活や職場の環境を変えることが出来ました。
少し元気になってきました。

そして、また2年後に2人目の子供が出来ました。
家族も増えたし、がんばってお金を稼がなきゃ、と思い始めた頃でした。

しかし、その頃から会社の業績が悪くなり、残業禁止ボーナスカットが行われることになってしまいました。

「今月、生活費が苦しいんだけど・・」
と妻から言われるようになりました。

ここで、僕は初めて、「お金の問題」に真剣に向き合うようになりました。

(どうしてちゃんと働いているのに生活が苦しいのだろう?)
(どうすれば、余裕のある生活が送れるのだろう)

答えは出ませんでした。

会社は副業禁止だったし、他にアルバイトをするような時間の余裕もありませんでした。

(続きます)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね