自営業で悩むこと「値決め」 -サクッとブログ記事を書くための練習(その1)-

昨日、「もう少し軽い気持ちでブログを書くことにした」という記事を書いたので、今日は早速練習(その1)です。

今日は、朝から見積書を作りました。

僕の仕事は「Webデザイナー」です。

って言うと、ちょっとカッコいい響きなんだけど、「ホームページ作成業者」って言った方が正確に伝わる感じがする。

今年は、新規のお客様と契約してもらって少しでもお金を稼ごうと思っていたのだけど、

「イヤ、待てよ」

「その前に既存のお客様の仕事はちゃんと出来ているのか?オレ?」

と思い直し、既存のお客様の現状の問題点を整理して、ちゃんと提案をしたら、いろいろと受け入れてもらえたので、お客様の声を聞き直して、ちゃんと問題解決することになったワケです。

そのための見積書を今朝作成していたのでした。

自営業を始めると、皆、同じ事で悩むと思うんだけど、「値決め」って難しいです。

・あんまり値段を安くしちゃうと、後で自分が苦しくなる

・でも、高くしちゃうと仕事が取れなくなる

・仕事が取れないくらいなら、時給1000円くらいの仕事でも何も無いよりマシだ、やっちゃえ!ってなる

・でも、時給1000円の仕事が当たり前になっちゃったら、後々苦しくなる

こんな考えで堂々巡りになってしまって、なかなか仕事を引き受ける単価が決まらない。。。

こういうことってよくあると思うんですよね。

「バイトすると思えばいいじゃん」

「いやいや、一応プロなんだから、そんな考えじゃ足下見られちゃうよ」

「でも、プライドばかり高くてお金が一銭も稼げないんじゃ、しょうがねぇじゃん!」

「じゃあ、時給500円の単価で、プロとしての仕事を誇りを持って出来んのかよ!」

なーんて、脳内で天使と悪魔が戦っちゃったりするんですね。

やるべき作業は決まってるんだけど、値決めにものすごく時間がかかる。

難しいっす。

こういう時、「ブランド力」って大事だなぁ、って思いますわ。

結局、見積もりは、前回開発時の単価で決めましたとさ。(^^;)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね