自殺対策強化月間

3月は、自殺対策強化月間です。
内閣府が音頭をとって進めているようです。

政府はあまり余計なことをしない方が良いんじゃないの?というのが僕の基本スタンスですが、こういう活動に関しては政府が積極的に行うことに賛成します。

自殺対策 – 内閣府

上記のホームページを見るとお役所仕事感にあふれていますが、YAHOOに広報を委託しているようです。正解ですね。

小さな希望とつながって ←YAHOO版

悩んで生きることがつらくなっても、どこかに希望が残っています。
一人では見つけにくくても、誰かと話すことで気付ける時もあります。
もしも周りに悩んでいる人がいたら声をかけてみませんか。
「大丈夫?」と。

もし、今自殺を考えるくらい悩んでいる人がいて、僕が相談されたとするならば、アドバイスは一つです。

「逃げろ」です。

「悩み」には、様々な背景があって様々な理由があると思うけれど、死を選ばなければならないような悩みの根源は突き詰めれば、対人関係かお金絡みのことだと思います。

特に、仕事が辛いとか、組織での人間関係がツラい、などの悩みであるならば、「逃げる」が勝ちです。
逃げることで「人」からの信用を失くしますが、その「人」に二度と会わないと思えば、「ヘ」でもありません。

僕は、何人かの信用を失くしてから2年以上経ちますが、何の問題もなく毎日スッキリとした気持ちで生きています。
人間、生きてナンボです。
どうか生きてください。生き抜いてください。

僕がアドバイスできないのが「病気」で苦しんでいる方です。
大病をした経験がないので、その苦しみが具体的にはわかりません。

様々な悩みがあって、自分の力で解決することも大事ですが、自殺を考えなければならないくらい悩んでいるのであれば、家族や友人、知人に相談してください。

場合によっては、他人に相談する方が良い結果を生むこともあります。
「こころの健康相談統一ダイヤル」に電話してみてください。

「安楽死」や「尊厳死」の話は別の機会に書きます。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね