会社を辞めたい理由

僕は製造業の会社に勤めています。

他の企業と同様に僕の勤めている企業でもリストラ経費削減グローバル対応が行われています。

生き延びなければならない企業は、グローバリゼーションに対応して生存競争しなくてはなりません。
ある程度の犠牲を伴って血を流さなくては生き残れない状態です。

生き残りのための戦いをするためには、少ない従業員で(少数精鋭といえば聞こえはいいけど)、効率良く、日々の仕事を進めなければなりません。

会社経営陣は海外拠点へ活路を見出しています。
そのためには、新しい顧客、新しい仕組、新しいシステムを早急に立ち上げなければなりません。
その命を受けている管理職は「行け行けゴーゴー」タイプでなければ、仕事は進んでいきません。

そして、現場は荒れていきます。

新しい仕組を作るメンバーは
「早く早く」
と命令されながら進んでいき、息も絶え絶えになりながら走り続けます。

現状の顧客を守る人、現場の仕組みを維持する人、今のシステムを保守する人は、
新しい仕組みを作る部隊に人を取られ、トラブルが続き、疲弊していきます。

一緒に働いているメンバーも口数が少なくなってきます。
お酒を飲んで「打ち上げ!」のような機会も少なくなりました。
タマに飲みに行けば、(管理職の陰で)苦しい仕事への不満が話題の中心になります。

皆が疲れています

僕もそんな現実に疲れてしまいました。

心の病気にもなりました。

(このまま今の仕事を続けていても明るい未来が見えてこないな)
と考えるようになってしまいました。

それよりも、
もっと自分が納得のいく仕事、
もっと自分がイキイキ出来る仕事、
をしたいと思い始めました。

新卒の若者が言い出しそうなことで恥ずかしいけど、
40代後半という歳になって、
自分の限界」を感じ始めたり、
自分の死」を意識し始めると、

(このままじゃいけない・・)
(このままでは後悔する・・)
(何かを変えなければ・・)

と思うことが多くなったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. とある投資家 より:

    これ、スゴい同意。
    読んで泣いてしまいそうでした
    変わるのは良いんだけど、負荷がすごいんですよ。
    僕は疲弊してしまいズル休みしたんですけど、体調もそれなりに悪かったです。
    だから転職します。

    • 正吉 より:

      とある投資家さん、コメントありがとうございます。
      過去記事へのコメントうれしいです。(^^)
      そうですね。ガマンが必要なこともあるかもしれないけど、見切りをつけることも必要だと思います。
      自分の人生ですからね。