ウォーキング中に見かけたおじいさんとおばあさん

今日の夕方、すっかり日課となったウォーキング中に、1人のおじいさんを見かけた。

そのおじいさんは、家の敷地から出てきた。

初めて見るおじいさんだ。

杖はついていないけれど、少し足元がおぼつかない。

僕は早足で歩いていたんだけれど、そのおじいさんを追い抜くのが何となくイヤで、歩く速度を落とした。

50mくらい歩けば左に抜けられる道があったので、速度を落として、おじいさんが進むのを待った。

おじいさんが左に曲がるなら僕はまっすぐ進めばいいし、おじいさんがまっすぐ行くなら僕は左に曲がればいい。

すると、家の敷地からもう1人、おばあさんが出てきた。

そのおばあさんは足元がさらにおぼつかない。

ヨロヨロだ。

おじいさんは、おばあさんが自分に近づくのを待っているようだった。

立ち止まっている。

2人とも、90歳近いのではないだろうか。

おばあさんが、おじいさんに近づいたとき

おばあさんが、おじいさんの手をとった。

おじいさんは(大丈夫か?)という感じで、手をつないだ。

2人は手を取り合いながら、その道をゆっくりとまっすぐに進んでいった。

僕は道を左に曲がって進んだ。

なんだかわからないけど涙が出てきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です