iPhoneが突然死してしまったら

「docomoからauに乗り換えました」でスマホをiPhone5sに変えました。

そのiPhone5sが突然動かなくなりました

どのボタンを押してもピクリともしません。

いつもならホームボタン(下の丸いボタン)を押せば待機状態から画面が立ち上がるのですが全く反応がありません。
電源を切っちゃったのかな?と思って、今度はロックボタン(上部の電源ボタン)を押してみましたが何の反応もありません。
あとは音量関連のボタンしかありませんから、どうしようもありません。
充電が切れたのかな?と思って、電源ケーブルをさしてみたけどやっぱり反応ナシ。

「僕のアイフォン逝っちゃったの?」

焦りました。

(auに行けばいいのかな?)
(apple製品を診てくれる所がこんな田舎にあるのかな?)

ネットで調べました。

ホームボタン(下の丸いボタン)とロックボタン(上部の電源ボタン)を同時に長押しすれば直る、と書いてありました。

やってみました。反応ありません。

「え、ダメじゃん」

もう一回やってみました。

出ました。画面にリンゴのマークが出ました!

長押しは、かなり長い時間(10秒以上)しないとダメみたいです。

iPhoneはメモリがいっぱいになったりすると強制終了されることがあるようです。

困ったときは、とりあえず「ホームボタンとロックボタンを同時に長押し」と覚えておきます。

余計な出費にならずに、本当によかった・・。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね