フラットな日常を送るということ

■会社員だった自分

1月:年末年始に帰省してノンビリする(余裕のあるときは旅行)
   年明けの出勤日は、次はゴールデンウィークまで連休が無いことを呪う

2月:休日が無いけど、年末年始で休んでいるので、まだ働く力が残っている

3月:期末で忙しいけど、「期末まで」という目標があるので頑張れる

4月:新年度なので、新たな気持ちで目標を決め直したりできる。
   組織が変わって、新人が入ったりして、フレッシュな気分で仕事ができる

5月:ゴールデンウィークでリフレッシュできる。
   連休が終わると夏休みまで休めないので、暗い気持ちになって5月病になったりする

6月:連休も無く、梅雨に入ってうっとうしい日々が続く。
   でも、報酬(夏のボーナス)が入るので、気持ちに折り合いがつけられる。

7月:暑くて疲れるけど、夏休みが近づいているので、なんとか乗り切ろうと思う

8月:待望の夏休みが来る。帰省したり旅行したりしてリフレッシュする。

9月:夏休みが終わるが、9月中盤に連休があるので、そこを目指してがんばる。

10月:夏が終わってしまって放心状態になるが、食欲の秋で食欲を満たして乗り越える

11月:朝起きるのがツラくなってくるが、年末年始と報酬(冬のボーナス)を心の支えにがんばる。

12月:ボーナスをもらってお金が入り、クリスマスプレゼントを買い、年末年始に消費して心を満たす。
 
 
■早期退職した自分

1月~12月:

朝起きて、愛犬の散歩をして、子供と妻を送り出し、予定の無いときは、洗い物をしながら「今日は何をしようかなぁ」と考える。

とりあえず やらないと後悔しそうなことだけを片付ける。午前中は そんな感じで終わる。

午後は、家の中のことをしたり、外に出かけたりする。

夕方になって、愛犬の散歩をして、さらにウォーキングをして、明るいうちからお風呂に入って、風呂上りにビールを飲みながら、本を読んだり、ブログを読んだり書いたりする。

妻と息子くんたちが帰ってきて、一緒に晩ご飯を食べる。

洗い物をしながら、軽い酔いの中で、「明日は何をしようかなぁ」と考える。

「そんなメリハリの無い日常が幸せなんですか?」と聞かれたら、

「ウヒヒ、すんごく幸せ」と、答えちゃう。

   
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. ちくしょー、滅茶苦茶幸せそうじゃないですかw。
    しかし、そうやって並べてみると、サラリーマンの1-12月って、絶妙にエサをちりばめて馬車馬のように走らされているのがよく分かりますね。

    • 正吉 より:

      招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。
      さすがですねぇ。。言いたいことは、まさにソコでした。
      反乱や反発が起きないように、アメとムチを途切れさせずに飼いならしていく。。。1年のイベントの回数とタイミングを考えた人は天才だな、と思いました。

  2. freeflyfisher より:

    この気持ちよくわかります。
    何にも追われずにいられるのが幸せなんですよね。

    サラリーマン時代は、何かしら自分に理由をつけて
    一年中、仕事(時間)に追われながらも、
    何とかモチベーションを保っていた気がします。

    • 正吉 より:

      freeflyfisherさん、コメントありがとうございます。
      そうなんですよね。何者にも追われずにいられることがこんなにすばらしいことなのか、と幸せを噛みしめちゃってます。
      メリハリなんてなくていいです。(今のところ)(^^)