自己犠牲感を感じていた頃の僕は不幸だったなと思う

いろいろなことがちゃんと見えていなかった頃は、家族のために自分が何とかしなければいけない、という自己犠牲感のようなものを感じていたように思う。

「オレがガンバらなきゃ」

とか、

「家族のためにオレが身を粉にして稼がなきゃ」

とか。

僕はセコい人間だから、

「オレがオマエたちのために、こんなにガンバっているのに」

とか、

「オレがガンバってるんだから、オマエたちもガンバれよな」

なんてことをよく考えていた。

口には出さなかったけど、態度には出していたと思う。

早期退職をした今、そういう意識はほとんど消えてしまった。

一番の原因は、自分自身がそんなに頑張らなくなったからだと思う。(^^;)

自分が自分に甘くなって(ま、いいか)を連発するようになって、自分自身がとても楽になった。

その自分が楽な状態で、家族にキツイ状況を強要するなんてアホだもんね。

(ゆるく生きるって意外とカンタンなことだったんだな~)、という発見をしたことも大きいと思う。


自己犠牲感を感じていた頃の自分は、本当に不幸だったなと強く思う。

自分が望んだ生き方をしていたクセに、その生き方に対して不満を感じていた、なんて本当にバカみたい。

(だったら、最初から一人で生きてろよ、自分以外の人間を巻き込んでんじゃねぇよ)、って今ならツッコミたくなる。

今は家族のために好きなだけ動けることに幸せを感じる。

僕が動くことで家族が幸せになるのであれば、喜んで動き廻る。

でも、この気持ちが、なかなか長続きしない。

(オレががんばってるんだから、もうちょっと気をつかえよ)なんて、すぐに思うようになる。

まだまだ、修行が足らんのよな・・。

あぁ、、今日も酔ってしまって、まとまってないことを書いてしまった。サーセン。<(_ _)>

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね