大切な人の「死」は、「生」を強く意識させてくれる

義父が亡くなってしまうのを側で見てから、「生」を強く意識するようになった。

「もっともっとちゃんと生きよう」と思った。

「ちゃんと」とは、立派に生きる、とか、充実した時間を過ごす、とかいう意味ではなくて、

ちゃんと自分の声を聞いて、ちゃんと自分で判断して、ちゃんと自分で決めて、丁寧に生きて行こう

そんなことを強く思った。

僕もいつか死ぬ。

明日事故で死ぬかも知れないし、30年後に病気で死ぬかも知れない。

いつ死んでも後悔のないように、いつも正直に丁寧に生きていきたい。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね