生と死を見つめていました

「ブログ、やめてしまうのですか?」というメールをいただきました。

ブログは辞めませんです。ご心配をおかけしました。<(_ _)>

でも、ここ数日はネット自体から離れておりました。

少し長くなりますが、ここ数日に起きたことを書いておきます。

6/20の「平安はなかなか訪れない」という記事に、義父が緊急入院をしたことを書きました。

義父は肺がんでした。

一昨年に肺がんと診断されたのですが、義父は手術を拒みました。

治療をせずに、残りの人生を悔いなく過ごすことを選んだのです。

このあたりのことは、後日に別記事で書こうと思います。

入院後、状態が悪くなり、義父は酸素マスクを付けなければ苦しくなり、ベッドから起きることも食事をとることも出来なくなってしまいました。

妻は実家に帰り、実家にいる妻の兄弟と交代で病院に通うようになりました。

妻が山梨に一時帰宅した6月下旬に、僕は病院にお見舞いに行きました。

義父はすごくやせてしまっていて、呼吸がとても苦しそうでした。

義父は人をもてなすのが好きな人で、具合が悪いのに僕に飲み物を勧めたりしてくれました。

たまらない気持ちになりました。

「ごめんなぁ、眠くて、すぐに寝ちゃうんだよ」と義父が申し訳無さそうに言うので、「あ、どうぞ、どうぞ、寝てください」と僕は言いました。

そのまま義父は寝てしまったので、寝ている様子をしばらく見てから僕は病院を後にしました。

もう一つ、大きなことが起きていました。

僕の父のことです。

このブログでも記事にしたことがありますが、僕の父は一昨年に胃がんの切除手術を受けました。

父の胃がん切除手術が終わりました

術後の経過は順調だったのですが、6月の検査でリンパ節への転移があることを知らされました。

・抗がん剤治療を行うか行わないかを決めないといけないこと
・抗がん剤治療を行う場合と行わない場合の余命
・抗がん剤治療を行う場合のリスク

などのことを父から聞きました。

父は「まぁ、わかっていたことだからな」と明るく話していましたが、ショックを受けていると思います。

僕は、抗がん剤治療に関連する本を買って読んだり、ネットで情報収集をしたりして、両親と話をしました。

年齢のこともあるので、判断が難しいです。

7/1に容体が急変し、家族や親戚が見守る中で、義父は息を引き取りました。

生きるってなんだろう

死ぬってなんだろう

後悔の無い生き方ってどんな生き方なんだろう

葬儀が終わった今、ぼーっとした気持ちで、そんなことを考えています。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね