心を整えるためにやってみると良いかもしれないこと

ブログ友達の草木無量さんが記事をリンクしてくれました。

なぜこんなにも気持ちが良いのか。

結論:成果がすぐ目に見えるから心地良い

(中略)

このように成果がすぐに目に見えることは心地良さを伴う。

そして様々な気付きを伴う。

さらに自己効力感(私はやればできるという自信)の高まりにもつながる気がする。

「こんなのはできて当たり前」なんて思わないで、単純作業でも「これもできた」「あれもできた」と成果を確認することの効用はバカにできない気がする。

【とても心地よい】成果が簡単にすぐ目に見える行為3つ。

これは本当にそう思います。

会社を辞めて組織で働かなくなると、やらなければいけないことや面倒な人間関係が減ります。

これはとても素晴らしいことなんだけど、

ちょっとしたことでホメられる、とか、「ありがとね」と感謝される、などということも同時に減ってしまうのです。

そんなことは小さなことじゃん、とも思うのですが、これが意外にボディブローのように効いてきてしまいます。

気分が落ち込む原因の一つになっているかもと思い始めています。

人付き合いが苦手な自分のような人間でも、自分のことを自分で盛り上げてあげるような自己肯定感とか、自己効力感などがとても大事なのだなぁ、と気づき始めました。

自分が気持ち良くなること。

自分にとって心地良いこと。

自分をホメたたえてあげられること。

これらのことを日常的に行って、ちょっとづつ増やしていくことで、心が整えられて、もっと幸せになっていくんじゃんないかなと思いました。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね