理想の生活を妄想的に描いてみる

人生の転機みたいなものが訪れているなぁ、と思い始めてから、

・これからどう生きていこうか?

・どう動いていこうか?

・どうやって生きていくための糧を得ていくのか?

そんなことをツラツラと考え続けております。

僕はこの春、51歳になった。

ノホホンと遊んでいるのは楽しいんだけど、家族が落ち着いて少し退屈になってきたなと感じ始めている。

また新しい転機が訪れているのかも知れない。

少し動き出してみよう。

「あぁ、もうダメだ、限界だ・・」と感じた5年前の今日、僕は心療内科の受診を決意したのだった

「とりあえず何か自分に出来ることをどんどんやってみよう!」みたいな考え方で安易に動き初めてしまうと、以前と同じように、

●自分の意に沿わない仕事や働き方をしてしまったり、

●家族を顧みなくなったり、

●自分を追い詰めてしまったりするので、

「自分はどうなりたいのか?」ということをちゃんと整理しておくことにしました。

整理する方法としては、自分の「理想の生活」を思い描いてみるのが良いのかも知れません。

以下、最近の妄想のようなものだけど、書いてみます。

■理想の生活(1日の過ごし方)

●朝

●朝は目覚ましをかけずに好きな時間に起きる。

●とは言っても、早朝が好きなので、朝陽が昇るとともに起きて、散歩をする。

●朝食を食べて、8時から12時までは、ライフワークである仕事をする。この時間だけは仕事に集中する。

(ライフワークは未だにちゃんと決まっていないんだけど、たぶん、モノを書いたり、調べ物をしたり、作ったりする仕事)

(当面はサイト作成がメインになると思う)

●昼

●妻と昼食を食べる。週に2回くらいはお気に入りの店でお得なランチを食べる。

●コーヒーをゆっくり飲んで、語り合う。

●午後は自由。

●昼寝してもいいし、映画を観に行ってもいいし、ゲームをしてもいいし、ドライヴをしてもいいし、スポーツをしてもいいし、自分が楽しいと思うならばライフワークの続きをしてもいい。

●夜

●日が暮れる頃に散歩をして、明るいうちにお風呂に入る。

●お風呂上がりにお酒を飲みながら、ゆっくりと夕食を食べる。

●食後も自由。ネットやSNSで息子くんや友達と交流する。

●22時くらいには寝ちゃう。

■理想の生活(1年の過ごし方)

●寒さが厳しい季節(12月)になったら、沖縄か東南アジアに行く。

●アパートとホテルの中間のような家を借りて5か月くらい暮らす。
(旅行ではなく「短期移住」のイメージで質素に暮らす)

●キビシイ冬と不快な花粉の季節が終わる5月に帰ってきて、初夏から冬までの7か月を日本で過ごす。

参考記事:第二の人生計画を練ろう -「避寒・避粉の生活」-

うん、いいな。こんな感じで暮らし続けていければ、かなり幸せを感じるんじゃないかなぁ。

(妻がちゃんと付いてきてくれるかは別として・・・)

当面問題になるのはやっぱり「お金」だな。

●2拠点生活をするための余裕があるのか?

●1日4時間の仕事で、いかに糧(お金)を得るか?

この生活を実現するために「とりあえず5年」の計画を作ってみよう。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ 
↑ ブログランキングに参加しています。「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね