「橘玲本」をしゃぶりつくす

僕は本を読むのが好きで、好きな著者が何人かいます。

今 僕が、一番おもしろいと思う著者は「橘 玲(たちばな あきら)さん」です。

このブログにも何度か文献を引用させていただきました。

橘玲さんの書いた本(橘玲本)を全て持っているわけではありませんが、約10冊の橘玲本が、人生の曲がり角にいる僕に、様々なアドバイスをしてくれています。

社会、経済、金融、これからの生き方、心理学など、様々な知識を得ることが出来て、読み物としても面白いです。

橘玲さんの本を読みながら「ちぇっ、いろんなこと知ってるし アタマいいよなぁ」と思うことがたくさんあります。スゴイと思いつつも悔しいような おかしな感情を持ってしまうんですな。

僕のように、
「どうして こんなに生きづらくなってしまったのだろう」
「どうすれば お金の心配を少なくすることができるのだろう」
「どうすれば 自由に生きられるのだろう」
と考えている人に 橘玲本はヒントをくれると思います。

僕は、今年2014年に会社を辞めて自由に生きることを目標にしていますが、ライフプランを作ってみた結果、最低でも年収240万円を稼がなければ、家族と生きていけないことがわかりました。

これから先、自由に生きるために、
どんな働き方をしていくのか、どんな仕事を選択していくのか、どうやってお金を稼ぐのか、どうやってお金を守るのか、を知らなければ家族で路頭に迷ってしまいます。

「橘玲本」は、読み物として面白いので、読むことで満足してしまって、
「えっと、それで、結局どうすればいいんだったっけ?」と考えてしまうことが多いです。

なので、自分の糧になるように、自分なりに「橘玲本」の内容をまとめていきたいと思います。
がんばって「しゃぶりつくして」みたいと思うのです。

ちょっと長いシリーズになってしまうかもしれませんが、役に立つ情報があるかもしれませんので、お付き合いください。

「橘玲本」

続きます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ 
↑↑↑ 「いいね」のかわりにクリックいただけると 僕がとても喜びます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読んでみてね

コメント

  1. 橘玲さんは好きな著者です
    読んでいて読者に発見を与えてくれるところが
    特にお気に入りな点です
    今一度読み返したくなりました

  2. 正吉 より:

    ですよね、ですよね。
    ホント発見だらけです。この素晴らしさをどこまで僕が表現できるかわからないですけど・・。